Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
Think And Think:沈思黙考

終末っぽい未来予想図。



「バルス」の三語で城が崩壊する名シーンでお馴染みの「天空の城 ラピュタ」に関して、
キーアイテムである「飛行石」は、実際のところ、どういう機能を有しているのかと思うのです。
何かと忙しい年の瀬が迫っているに驚く程の暇人具合です。考えている事が。

まぁ、名前の由来となっている「所有者の身体を浮かび上げる」という謎技術は置いておくとして、
呪文を口にする事で、ロボット兵が動いたり城が崩れたりしていたので、
少なくとも、「音声認識機能」「オブジェクトのリモートコントロール機能」は有している筈です。
この「リモートコントロール機能」は、恐らく、電波でのコントロールとなるでしょうから、
作中で明示的ではないものの、「電波の受発信機能」も備えていると想定されます。
また、ラピュタの位置を指し示すシーンを考えると、「GPS」に類する機能もあるのでしょう。
つまり、これ、ほとんどスマホに実装されている機能と同じなんじゃないかと思うのです。
もしかしたら、古代のラピュタ人は、飛行石でコミュニケーションを取っていたのかもしれません。
ムスカさんの先祖に対し、王たるシータさんの先祖が、
「流行りの服を持って来い」と飛行石を介して命令していたのかもしれません。
時を越えて果たされる命令。流行りの服を進呈。



となると、逆に言えば、現代のスマホの未来像が「飛行石」なのかもしれません。
即ち、将来的にスマホに実装される新技術は、「所有者の身体を浮かび上げる」です。
空から女の子が大量に降ってくる時代は、すぐそこまで来ているのかもしれません。
「親方、空から大量の女の子が」とか言われても、匙を投げるしかありません。親方も。

| Diary | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
Lock And Key:金城鉄壁

鉄壁のセキュリティ。(18円)



「Suica」や「PASMO」といった非接触ICカード型の定期券を使っている場合、
定期が切れているにも関わらず、チャージしている電子マネーでうっかり改札を通ってしまい
余計な出費を強いられる惨事を誰しも経験するものですが、
本日のボクは、チャージ残額を18円としていた事により、その災禍を免れたので、
「貧しさ」が「貧しい人」を救った奇跡を見た、と胸を打たれたのです。
この涙は奇跡に感動した証。イイ歳して残額が18円だった事を嘆いての証ではなく。

| Diary | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
Loud And Clear:理路整然

なお、今現在もライフスタイルは特に変わっていない模様。



昨年、引っ越しした際に、某所に対し住所変更の手続きが漏れていたらしく、
今日、「郵便物が届かなかったんですが、引っ越したん?」という問い合わせを受けたのですが、
思い返せば、以前に住んでいたマンションの郵便受けに記載されている情報は部屋番号のみで、
名前は書かれていなかったので、
「郵便物が届かなかった」とは、「当該住所に別人が住んでいる事を確認した」ではなく
「郵便受けが使用不可だった」=「今現在、あの部屋に誰も住んでいない」という事であり、
つまりは、「ボクが引っ越して以降、あの部屋に誰も入居していない」
あるいは、「ボクが引っ越して以降、一年以上のスパンでは誰も居ついていない」となる為、
多分、部屋から溢れ出る瘴気が人を近寄り難くしているのではないかと推察しているのです。
以前のマンションに住んでいた当時、他人を寄せ付けないライフスタイルを送っていましたが、
あれは、ボク自身からではなく、部屋から瘴気が噴出していたに違いないのです。
ボク自身は、あの部屋に六年住んでいたので、
仮に、部屋から瘴気が出ていた場合、その瘴気にマッハで適応していた事になりますが、
そういう不都合は全力で知らないのです。
とりあえず、部屋が悪い。ボクは悪くない。

| Diary | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Hither And Thither:在々所々

一見すると、偏食家。



先日、箱買いしたミカンについて、
例年通り、部屋の隅に箱のまま放置して食べ進めようかと思っていたのですが、
「その保管方法では、食べきる前に腐ってしまう」との助言を頂きました。
まぁ、確かに、思い返せば昨シーズン、指摘通りに腐らせてしまっている為、
この助言に対しては、素直に頷くより他がありませんでした。
できれば、昨シーズンに頂きたかった助言ではありますが、そこは素直に。
「そこ、滑りやすいから気をつけてね」と滑りきった後に言われた感が凄いですが素直に。



では、大量のミカンをなるべく長持ちさせられる方法は、と続いての助言を乞うたところ、
「冷蔵庫の野菜室にぶち込め」という、至極当然の策を頂きました。
従いまして、現在、ウチの冷蔵庫の野菜室はミカンに占領されている次第です。
期せずして、昨シーズン同様、「ミカン部屋」がウチに爆誕した次第です。
今シーズンのミカン部屋は一味違います。(室温が低温で保たれている)

| Diary | 17:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
By And Large:行雲流水

労働って素晴らしい。



問:
年の瀬やクリスマスが、もう間近な日曜日。
色々な過ごし方があると思いますが、今日という日をどの様に送りましたか?



答:
夜からの休出夜勤に備えて寝ていました。

| Diary | 19:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
Cheap And Cheerful:魚網鴻離

ミカンを何より優先させる生き方。



気が触れて向いて、オシャンティーなショッピングモールに食料品の買い出しに行きました。
別に近所のスーパーでも良かったところに、ショッピングモールです。
場違い感はありましたが、「大は小を兼ねる」という言葉に勇気付けられた結果です。
「大は小を兼ねる」と提唱した人も、
まさか未来の引き篭もりを勇気付けるとは、思ってもみなかった事でしょう。
世の中は常に驚きに満ちているのだなと深く感慨する次第です。

さて、そんなショッピングモールの食料品コーナでブラブラしていたら、
箱買い用のミカンが大変お得に売られておりました。
一目で「これは買いだな」と思ったのですが、
箱を持つと両手が塞がる関係上、箱買いすると他の食料品を持ち帰れない、という問題がありました。
自動車や手押しカートを持っていれば良かったのですが、
現代のシティボーイを地で行くボクは、交通手段が「電車」と「徒歩」だったので、
自然体で買い出しを済ませようとすると、千手観音への進化を期待するより他がありません。
「二往復すれば良い」という妥協案も脳内会議に提出されましたが、
「面倒」という斬新な回答により却下される始末です。
これは困りました。ミカンを買うべきか。買わざるべきか。それが問題です。



そこで、ショッピングモールにいる事を利用し、
「新たにバッグを買って、持ち歩ける量を増やす」という第三の案を採用した訳です。
いや、どうせ新しいバッグ欲しいと思っていたし。(震え声)
何なら、ミカンとか買わなくてもバッグは買っていたし。(震え声)
冬のボーナスを当てにすれば、バッグ代とか誤差だし。(震え声)
無視できない誤差だし。(本音)

| Diary | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
Over And Above:快馬加鞭

13歳になりました。



今日、12月8日は「事納め(ことおさめ)」です。
元々は、その年の農事や雑事を終わらせる日でして、
地域によっては、その年に使い倒した縫い針を供養する「針供養」が行われる日でもあります。
まぁ、ざっくり言うと、「全てを終わらせる日」みたいなものです。
アルマゲドン的な日。事納め。
よし、今年のお仕事も終わらせようぜ。今日から冬休みにしようぜ。
(本年も微塵も成長が見られないダメ人間の提案)



そんな、「全てを終わらせる日」である今日、当サイトは誕生致しました。(2004年)
何もかもが逆行しているサイトではございますが、
今後共、何卒、宜しくお願い致します。おっぱい。

| Diary | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
Hope And Despair:一喜一憂

漢字は読める設定。



サンタクロースさんにプレゼントをねだる季節が今年もやってきた訳ですが、
改めて思うに、サンタさんって、各人の「○○が欲しい」という願いに対し、
その「○○」が何なのか、全て完全に理解できているのでしょうか。
言い換えれば、サンタさんの生活、文化圏に存在しないものをお願いされたとして、
どこまで理解が及んでいるのでしょうか。

例えば、サンタさんは十中八九、雪国に在住なので、
「レパタタが欲しい」だの「キャノチエが欲しい」だのといった、南国系のお願いには、
正直、首を傾げるしかないと思うのです。
「ああ、レパタタね。あの大音量で鳴り響く楽器でしょ。分かる分かるー」とは、多分、ならない。
「ああ、キャノチエね。要は、カンカン帽でしょ。分かる分かるー」とは、多分、ならない。



ところで、ボクの近況を顧みると、
大変、遺憾な事に「電気シェーバ」が壊れてしまったので、
もし、今のタイミングでサンタさんにお願いするならば「電気シェーバが欲しい」となるのですが、
これもサンタさんに理解頂けるか、甚だ疑問ではあります。
何しろ、サンタさん、立派なおヒゲをお持ちです。
多分、「ヒゲを剃る」という習慣が無い筈です。
つまり、「電気シェーバ? 何それ?」となる公算が高いと思われるのです。
「良く分からなかったから、代わりに似た感じの『伝・鬼征刃』を贈るね」とかになりそうなのです。
ラスボスを倒せそうな刀を贈られてきても困るのです。

| Diary | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
Mice And Men:森羅万象

外出時は、汗やホコリでメガネが汚れるのを防ぐ目的で裸眼なメガネっ子なのです。



最大の過ちは、どんな過ちを見ても少しも気付かぬ事である。
−トーマス・カーライル−




つまり、ボクにとっての最大の過ちは、「メガネを忘れる事」です。
メガネが無いと何も見えないからね。どんな過ちも見えないからね。
「何故、『何も見えない』という状況から『メガネを忘れている』という事に気付けないのか」
という問いかけに対する答えも見えないからね。
何だったら、この話のオチの付け方も見えないからね。
全ては、メガネを忘れている事が原因だからね。ボクは悪くないからね。(視力と頭が悪い)

| Diary | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
Backward And Forward(25):東奔西走(25)

最後、全てを持っていった感。



For Four Land その25

さて、高知で一泊した翌日ですが、
この日はもう、東京に帰るのみだったので、
飛行機に乗るべく、再び、徳島に向かいました。
さよなら四国。また来て三角。


途中で乗り換えの為に降り立った「阿波池田」駅。
ボク個人には何の縁も無いのですが、
「同期の奥さんの出身地」という関わりのある街です。
同期曰く、「ド田舎」との評価だったのですが、
ボクからすると、充分、栄えている街でした。
基準は、「駅前に人がいるか」です。ハードルの低い繁栄評価。



流石、本場だなと言いますか、
本場以外ではまず目にしないものが売られているな、等と供述し。



駅前にシャレた野外ステージがありました。
カティリナ弾劾とか行われてそうだな、等と供述し。






そして、一路、東京へ。
凄い楽しかったです。四国。
まだまだ沢山の見所があるのだろうなと思っていますので、
また行きたいです。四国。





そして、「四国土産」として、阿波池田で購入した羊羹。
味のある商品名だと思います。
由来の説明とかが一切無い男気溢れる羊羹。

| Diary | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) |