Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
Backward And Forward(14):東奔西走(14)

しかし、このラッピング、本家の阪神電鉄にはあるんでしょうか?



For Four Land その14

土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線に乗った。(結果報告)



「奈半利(なはり)」駅 到着。
「ごめん・なはり線」は、その名の通り、「後免」駅と「奈半利」駅を結ぶ路線です。
途中駅とか沿線風景とか一切経ずに、いきなり終点の写真に飛ぶ血気。



イメージキャラクタは「なは りこ」さんです。
ブレないやっつけ感。




さて、この「ごめん・なはり線」、見所はと申しますと、「駅」よりも「車両」にあります。
それでは皆様、ご唱和下さい。


ろっこーおろしーにー♪


さっそーとー♪(歌詞、ここまでしか知らない)

……とまぁ、「ごめん・なはり線」の沿線で、阪神タイガースがキャンプを実施している縁から、
タイガースラッピングの車両となっているのです。
「ごめん・なはり線」は環状線ではないので、回りすぎてバターになる心配もありません。


車内もタイガース一色です。虎縞一色。結局、何色なのか。


監督の勇姿も拝めます。出たわね。

| Diary | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
Backward And Forward(13):東奔西走(13)

全体魔法を撃ってきそうなポージング。



For Four Land その13

「後免」駅周辺を探索でごめん。



「後免」駅は、JRの他に「土佐くろしお鉄道」という私鉄も乗り入れている為、
そこそこに大きな駅となっています。
駅名がどうしてもネタになってしまいますが、
駅舎の大きさを見て「ごめん」と呟いた事も今となっては良い思い出です。
無理矢理、良い思い出。



ちなみに、ホームにいたあのキャラは、「ごめん えきお」君だそうです。
やっつけ感が溢れまくっている名前ですが、一周回って新鮮なのかもしれません。



何しろ、地名が「後免(ごめん)」なので、
周辺にある諸施設も、否応無く「ごめん」と謝ってきます。
ごめん歯科。良い人っぽそうな歯医者。



なお、諸事情により、後日、この「後免」駅に再訪したりしていました。しかも夜間。


「後免」駅の隣の駅は「後免町」駅。
イメージキャラクタは「ごめん まちこ」さんです。
「後免」の隣が「後免町」という、「『川越』の隣が『川越市』」に比肩するややこしさとか、
キャラクタ名のやっつけ感が、やっぱり溢れまくっているとか、色々言いたい事はありますが、
とりあえず、「後免町」の愛称が「ありがとう」にはどうやってもならない
とだけは主張させて頂きます。





夜のまちこさん。ホラーか。

| Diary | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
Backward And Forward(12):東奔西走(12)

なぁに、いつもの事だ。



For Four Land その12


おは高松。
(「高松」駅の写真を撮り忘れたので、
 以前、静岡県は「浜松」駅前で撮った、「出世大名家康くん」で代用


さて、この日(10月30日)から、「四国バースデーパス」を解放し、特急乗り放題となります。
まずは、高知(土佐)と香川(讃岐)とを結ぶ「土讃線(どさんせん)」を一気に南下します。
「高松」駅の写真を撮り忘れるくらいの一気です。勢いに飲まれた。




「後免(ごめん)」駅に到着。
香川で「高松」駅の写真を撮り忘れて、ごめん。
ここ、既に高知県だけど、ごめん。



「ごめん」がゲシュタルト崩壊しそうな歌碑がありました。
ごめん駅でごめん。ごめんごめんごめん。



?!


ここ、後免の地は、アンパンマンの作者として名高い、やなせたかし氏の故郷でして、
一帯は、「やなせたかしワールド」と呼んで差し支えない世界が広がっております。
良く見たら、上述のごめんゲシュタルト歌碑の作詞も、やなせたかし氏です。
あと、特にオチは無くてごめん。

| Diary | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
Backward And Forward(11):東奔西走(11)

逮捕を免れた事が奇跡。



For Four Land その11


下山後、高松市内に戻る為に電車に再乗車。
誰もいないホームが侘しいですが、
「ボクが独り占め」と考えれば、この状況は贅沢なのかもしれません。
踊ったりしておけば良かったかな。(不審者)



「高松築港」駅、良く見たら、ホームが高松城のお堀の上に建っていました。
うっかり「ホームから転落」をしでかしたら、大変な事になりますね。
まぁ、どこの駅だって、「ホームから転落」をしでかしたら大変なんですが。



 


さて、お楽しみの夕食です。
香川といえば「ウドン」ではあるのですが、
もう一つ、「骨付鶏」も有名です。
そんな訳で、この日の夕食は「骨付鶏」の名店でお食事です。
過ぎ去ったとは言え、台風の日の夜だったので、
そこそこ空いているかと思ったら、そんな事は無かったぜ。(30分程、並びました)



「骨付鶏」とは、文字通り、骨付きの鶏肉のローストです。
湧き出る脂を、付け合わせのキャベツやセットのオニギリに吸わせて食べると、
これまた美味なのです。今宵はヨダレが止まらないぜ。(不審者)




なお、この日は午後から「こんぴらさん参り」という修行に似た観光をしていたのですが、
その行動に費やしたカロリーの源は、「ワッフルのみ」という有様だったので、
お店に到着した時点で、疲労と空腹で目を回しており、
この骨付鶏、撮影もそこそこに夢中でガブリついていました。
骨付鶏を前にした時のボク、ちょっとした野人でした。(不審者)

| Diary | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
Backward And Forward(10):東奔西走(10)

絶景以前に、生きているだけで素晴らしいと思える参拝。



For Four Land その10


これ、霧とかカメラ設定の影響とか霊魂的な存在が大量に映り込んだとかではなく、
こんぴらさんが「雲」に覆われた結果です。
どんだけ高地にあるんだって話です。それを登りきったボク。凄い!!(明日の筋肉痛が)



雨も上がって、絶景です。素晴らしきかな。こんぴらさん。
ホント、来て良かった。台風に負けなくて良かった。
いや、台風に負けなかったのは、航空会社や鉄道会社なんですけど。
ボクは基本、乗っているだけなんですけど。
便利な世の中です。乗っているだけで台風に打ち勝てる。





とまぁ、ボーッとしていたら、いつの間にか、暗くなってきました。
帰りは別の経路となるみたいです。



「行き」と違う為、全く見知らぬ経路、
かつ、雨で濡れている階段、
かつ、暗くて足元も覚束ない。
これは、滑り落ちる未来しか見えない、もしかしなくても、詰んだなと覚悟を決めましたが、
何とか無事に生還致しました。
多分、大吉効果です。これで今年の効果を既に使い果たした気がしないでもありません。大吉効果。

| Diary | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
Backward And Forward(9):東奔西走(9)

登りきった達成感もあって、近年稀に見るレベルでニマニマしてました。大吉。



For Four Land その9


御本宮 到着ー!!
※足は生まれたての馬を思わせる感じになっていましたので、写真の出来についてはご海容下さい



御本宮の奥に、更なる鳥居と階段が存在感を放っていたのですが、ボクは何も見ませんでした。
これ以上登ると、命の危険が指摘されるからね。
まぁ、何か、通行止めっぽしな。都合の良い部分は存分に目に入る体質。



頂上からの眺望。台風の脅威は去ったぜ。
ちなみに、左奥の形の良い山は、「讃岐富士」の別名を持つ飯野山(いいのやま)です。
形が「良いの山」と覚えましょう。(関係者各位からフルボッコ)



開運こんぴら狗(いぬ)みくじ。
「おみくじ」はワンちゃんの体内にあり、背中の蓋を取って引きます。
ワンちゃんだけに、ワンチャン、大吉を狙いたいところです。
(関係者各位からフルボッコ)




なお、おみくじの結果は「大吉」でした。
もう年も終わりに近いですが、今年は「大吉」の一年だったと言えます。
出雲大社で引いたおみくじとかは忘れました。大吉の一年です。

| - | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
Backward And Forward(8):東奔西走(8)

参道の両側にはお店や文化財が色々あったのですが、見る余裕無し。



For Four Land その8

こんぴらさんを参ろう。



こんぴらさんは、正式名称を「金刀比羅宮(ことひらぐう)」と申しまして、
御本宮までの785段の階段が有名です。
この写真は、そんな階段を登りきってやるぞという決意の現れです。
写真が微妙に斜めっているのは、台風に煽られたからです。
ここに来た時点で、既にヘトヘトだったとかではありません。(駅から10分程の距離を歩いて来た)
台風に煽られただけで写真が斜めになるくらいヘトヘトだった可能性は見逃して下しあ。



200段目。案内が雑。


3分の1も到達していない状態で後ろを振り向いた写真。
既に高地。



この辺りで半分。ここで着ていたコートを脱ぎました。暑い。




「笑顔でしあわせ」と謳ってくれていますが、
ここで一番笑っていたのは、「顔」ではなく「膝」だったからね。
正直、あんまり「しあわせ」は実感できていなかったからね。肉体疲労。

| Diary | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
Backward And Forward(7):東奔西走(7)

「ワンチャン」って、こういう使い方で良いんでしたっけ?



For Four Land その7


台風直撃の日に電車でお出かけする孤独な勇者。

ところで、「ことでん」は漢字で「琴電」と書くのですが、
「電」は「電鉄」として、「琴」は何かと申しますと、「琴平(ことひら)」の略です。
つまり、「琴電」は「琴平電鉄」の略称な訳です。
琴平、即ち、「こんぴらさん」です。


「琴電琴平(ことでんことひら)」駅。
「琴」がゲシュタルト崩壊する駅。



さぁ、行くぜ!! こんぴらさん参り。
(バックが超悪天候なのは、見なかった事にします)



山をすっぽり覆うくらいの雲とかも、見なかった事にします。


一歩間違えたら洪水みたいになっている川とかも、見なかった事にします。




だって、ワンチャン、晴れてきたから。

| Diary | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
Backward And Forward(6):東奔西走(6)

ちなみに、経営破綻から再生した際に「琴電」から「ことでん」に愛称を変更したそうです。



For Four Land その6

番外編:ことちゃんについて。

前回のフリーパスの写真にも出てきた、香川県を走る私鉄「ことでん」のキャラクタは、
「ことちゃん」と呼ばれています。
可愛い顔をしていますが、全国ご当地キャラ総選挙で3位になる程の実力者です。
「可愛い顔をしていますが」と言うか、「可愛い顔をしているから」かもしれませんが。


見た目から分かる通り、ことちゃんはイルカです。
その昔、ことでんが経営破綻した際に地域の方々から放たれた、
「琴電はいるか?(必要か?)」という厳しい声を由来としているそうです。
可愛い顔してますが、何とも悲しい過去を背負ったキャラです。
速水玲香みたいなキャラです。可愛い顔して悲しい過去。



このことちゃん、イルカの癖に割と動けるキャラです。
ゴルフもナイスショットです。



スケートもどんと来い。
まぁ、スケートと言うより、ソリっぽいですけど。道具の使い方が。



お前、それは「手」じゃなくて「ヒレ」じゃないのか。


可愛いなとは思いますが、「うわぁ……」と声が出た一枚。
お前、どこの部位で自転車を漕いでるんだよ。
いや、自転車ではしゃいでいる顔、超可愛いんだけどさ。
その体勢で自転車を漕げるんだ。イルカって。

| Diary | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Backward And Forward(5):東奔西走(5)

こちらとしては、予定通りの行動だったので、何の違和感も無かったんですけどね。



For Four Land その5


「徳島」駅から特急で「高松」駅に到着。「さぬきうどん駅」と言い切る覚悟。
気になるお天気は、この時点で、小康状態に入りました。
ボクの普段の行いが良い証拠です。
あるいは、香川県の方々の行いが良いのかもしれません。ウドンという名の善行か。



でも、駅前にあったお店はラーメン屋でしたよ。しかも香川じゃなくて徳島ラーメン。


さて、「香川」県と言えば「ウドン」なので、
テンシさんも、ここからウドン三昧かなと思いきや、そんな暇は無く、更に移動です。
香川でウドンを無視できる漢。それがボクです。
旅程の組み方がヘタなだけとかではないのです。


香川を走る私鉄「ことでん」の高松築港(たかまつちっこう)駅。
高松駅から徒歩3分です。だったら地下道とかで繋げてくれよと思わない事も無いです。
特に台風の日なんかは。



ここで、ことでんの一日フリーパスを購入。
計算したら、フリーパスを買った方が安かったのです。
それが数十円の単位であろうとね。




なお、この時点で時間はお昼過ぎでして、
客観的に見ると、「台風の中、もう半日も残っていない時間に一日フリーパスを買う」
という酔狂な行動をしでかしていた事になります。
だからかね。駅員さんが「え? マジで?」という顔をしていた訳だよね。

| Diary | 11:55 | comments(0) | trackbacks(0) |