Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
Empathy Journey(16):共感(16)

この厚みで、「厚揚げ」ではなく「油揚げ」なのです。



行くぜ!! 北陸 その16


「福井」駅 到着。本日の移動はここまでです。
照明が駅票に写り込んでも気付かなかったくらいに疲れているので、
本日の移動はここまでなのです。



ボクが「福井」駅を訪れた日が、
「数日後に福井初の自動改札機が導入される」とかいうタイミングでして、
「自動改札機はあるのに、駅員さんが検札する」という、
過渡期のレアな運用を経験できました。




さて、福井で時刻は夜です。そうです。福井ディナーの時間です。
福井の夜は始まったばかりなのです。
(食事が終われば、福井の夜も終わりを告げます)(食事の後は、寝るだけだからね)


定食屋さんにて、色々迷った挙げ句、「福井名物セット」を注文。
若狭湾の海の幸を載せた海鮮丼が、発光しているのかってくらい輝いています。
相変わらず、カメラで光量を調整する方法を知らないテンシさんです。



何枚撮影しても、海鮮丼が光り輝いてしまうので、
一旦、退避させて撮影した一枚。
手前は「越前そば」。コシのあるおそばに、辛味大根おろしをぶっかけた代物。これ、超美味い。
左奥は、「ソースカツ丼」
福井で「カツ丼」と言うと、卵とじバージョンではなく、「ソースカツ丼」なのだそうです。



そして、油揚げ。
福井は、油揚げの年間消費量が全国一でして、実際、油揚げが名物なのだそうです。
これ、凄く美味い。あのね。凄く美味い。(言語中枢がイカれる美味しさ)

| Diary | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
Empathy Journey(15):共感(15)

ファーストとセカンドの落差よ。



行くぜ!! 北陸 その15


かなり時間を潰しましたが、「長浜」駅を出発!!
いつも通り、写真は使い回しでお送りしています。



先日の「黒姫」駅に引き続き、「虎姫」駅をゲット。
写真に一切残していなかったんですが、
以前、通過した太多線に「姫」駅もあったので、
これで、日本三大「姫」(通称「三傾姫(サンクィンジェ)」)を掌中に収めた事になります。
ここから、「姫路(プリンセスロード)」に続く門が開いたのです。
ノリノリで言っていますが、「姫路」駅とは完全に逆方向です。
あと、三傾姫(サンクィンジェ)ってボクも知らないので、誰か教えて下さい。



「敦賀(つるが)」駅 到着。
ようやく、福井県に突入です。
ようやく、タイトルの「北陸」を回収です。



福井のファーストインプレッション、他県とレベルが違うなぁ。




いや、別に、この駅で降りてないんですが、
中々に雰囲気のある写真が撮れてしまったんですよね。
福井のセカンドインプレッションも他県とレベルが違うなぁ。

| Diary | 18:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
Empathy Journey(14):共感(14)

ボクも常々、クールでありたいものです。



行くぜ!! 北陸 その14


こん長浜。

まだまだ長浜!!
(そもそも、「その14」にして、未だに北陸に到着していないというテンポの悪さ)


長浜城。
位置的には、駅を挟んで東側にフィギュアミュージアム、豊國神社があり、
西側に長浜城、そして琵琶湖があります。
つまりは、ええ。駅に戻ってきたら「次の電車まで、あと15分」という状況で、
城の中は無理だとしても、外観くらいは撮影できるかとダッシュした成果がこの写真でございます。
息も絶え絶え。
そして、琵琶湖までのダッシュは無理でした。息も絶え絶え。



長浜城 御馬屋跡。
完全なる予想ですが、ここに長浜城の馬小屋があったのでしょう。
「おうまや」で変換すると、「鏖魔や」が筆頭に出てくるので、
もしかしたら、やべーディアブロスの生息地跡なのかもしれませんが。



そんな長浜城の御馬屋跡には、長浜城よりも大きなマンションが建っていました。
栄枯盛衰の儚さを感じますね。感じなくて良い場所で感じちゃいますね。





イカした名前のお店です。モンデクール。揉んでCool。

| Diary | 18:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
Empathy Journey(13):共感(13)

後から調べたら、「豊國神社」は全国にあるみたいですね。



行くぜ!! 北陸 その13

さて、フィギュアミュージアムを堪能して外に出たところ、
「名前は聞いた事があったけど、どこにあるのかは知らず、
 『え? これって長浜にあったんだ』と驚いた場所」
を発見しました。
説明が愚直な辺りに好感度アップを狙っています。
狙いから大きく外れている事実は気のせいです。


豊國神社(ほうこくじんじゃ)。
社会人に必須と言われている「ホウレンソウ」の「ホウ」を司っています。超嘘。



豊國神社では、かの豊臣秀吉公を祀った神社です。
そうです。「長浜」は、「秀吉さんが初めて城主となった地」なので、
何かと秀吉さんに縁のある街なのです。
多分、秀吉さんもフィギュアにまみれていた筈なのです。



拝殿。とりあえず、「天気に恵まれますように」と必死に祈りました。
この時点で雨は止んでいたので、
残りの懸念は「直撃コースで来ているらしい、今世紀最強の台風」です。
届け。この想い。秀吉さんに。
流石の秀吉さんも、天候操作とかは守備範囲外っぽいけど、届け。



併設されていた稲荷神社にもお参り。
とりあえず、「天気に恵まれますように」と必死に祈りました。
この稲荷神社は「出世稲荷神社」らしいので、
やっぱり、天候操作とかは守備範囲外っぽいけど、必死に祈りました。

| Diary | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
Empathy Journey(12):共感(12)

余談ですが、百裂脚を見てサイダーを無性に飲みたくなりました。この感覚、分かりますよね?



行くぜ!! 北陸 その12

続々 フィギュアミュージアムでフィギュアにまみれよう。


学生の頃、チョコエッグにハマって集めていたなぁと懐かしい想いに駆られました。
このレアフィギュアの「バステト神」、持っていました。



こういうフィギュアって、どこで買えるのかを未だに把握していないのですが、
チョコエッグにハマっていた時期に、購入先の詳細を把握していたら、
散財が凄かっただろうなと恐ろしい想いに駆られました。
エヴァ量産機とかカッコ良いなぁ。欲しいなぁ。
(多分、現在でも詳細を把握したらダメなパターン)





エヴァってこんなに大きかったんだっけか。


ハート様ってこんなに(横に)大きかったんだっけか。


おぱいってこんなに大きくなれるんだっけか。

| Diary | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
Empathy Journey(11):共感(11)

渾身の一枚が撮れました。



行くぜ!! 北陸 その11

続 フィギュアミュージアムでフィギュアにまみれよう。



ミクさんもノリノリで歌っています。


銀鈴さんもノリノリでアクションをキメています。
ジャイアントロボのヒロインなんですが、あまねく伝わっていますでしょうか。



阿修羅さんもノリノリでポーズをキメています。
そうか。これも「フィギュア」のカテゴリになるのか。



むしろ、ノリノリだったのは、海洋堂さんの方かもしれんね。




あ、第九話「瞬間、心、重ねて」のシーンだ!!
(キモオタ特有の食いつき方)



Foooooooo↑↑

| Diary | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
Empathy Journey(10):共感(10)

ちなみに、館内は写真撮影OKです。やったぜ。



行くぜ!! 北陸 その10

フィギュアミュージアムでフィギュアにまみれよう。


いきなり「フィギュア」と聞いて想像するサイズを軽々と超えてくるお出迎え。
超絶技巧のフィギュアだとは思いますが、欲しいかと言われると、躊躇するサイズです。
少なくとも、机の上には飾れないしなぁ。



いきなり「フィギュア」と聞いて想像するサイズを軽々と超えてくるお出迎え。Take2。
超絶技巧のフィギュアだとは思いますが、欲しいかと言われると、躊躇するサイズです。
廊下とかに置いたとしても、夜中にトイレに行く度に悲鳴を上げちゃいそうだしなぁ。



ようやく、机の上に置けそうなサイズのフィギュアを発見。
あくまで、相対的な評価ですが。これでも「巨大」と言って良いサイズです。
実際に机の上に置いたら、机は「フィギュア台」以外の役割を失うと思いますが。



「あ、パトレイバーとグリフォンだ!!」とテンション上がって写真を撮影しまくったのですが、
どう頑張っても光量が足りず、何が何やらな写真を大量生産してしまったので、
とりあえず、頑張った記念に一枚は掲載しておきます。



背中合わせで共闘しているみたいなシーン。
原作にそんなシーンがあったかどうかは、あまり覚えていません。





「働けど 働けど 猶(なお)我が生活(くらし) 楽にならざり ぢっと消化器を見る」、
みたいなシーン。
原作にそんなシーンがあったかどうかは、あまり覚えていません。

| Diary | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
Empathy Journey(9):共感(9)

招かれざる運じゃないのか。これ。



行くぜ!! 北陸 その9

長浜で観光だ。(電車待ちが2時間だったから)


長浜で長時間の電車待ちという事自体は、当初から想定していたので、
訪れる先は事前に確認していたのですが、
その場所は、まさかの改装中とかいう、本日2回目の露骨な巡り合わせの悪さを発揮。



と思ったら、改装期間は別の場所で営業しておりました。
という訳で、やってきました。「海洋堂フィギュアミュージアム」。
数々のフィギュアを取り扱っている事で有名な、かの「海洋堂」の展示スペースです。



このフィギュアミュージアム、入館料を払うと、
入場チケットと共に一枚のコインを手渡されます。
このコインを何に使うかと申しますと、



ガチャです。リアルガチャです。コイン一枚で一回分です。
最初、この写真のガチャ(懐かしの名作カプセルフィギュア)を回そうかと思ったのですが、
ガチャのパッケージを見る限り、50%の確率でボクが知らないマンガのフィギュアに当たるみたいで、
それはちょっとねと思い直しました。
「TRIGUN」か「HELLSING」に当たるのなら良いんだけど。
まぁ、旅先でアーカードの旦那に当たる事が「当たり」なのか、と言われると微妙なんですが。



そこで、こちらの猫ストラップガチャを引きました。
愛と幸運を招いていくれるそうです。
ちなみに、当たった猫は、ゴールド猫ちゃんでした。



ゴールド猫ちゃんは「金運・才能運」を招いてくれるみたいです。
これ、もう勝ち組じゃないのか。金運と才能運を保証してくれるって。
少なくとも、隣のシルバーと比較すると、完全に上位互換だよね。ゴールドって。




あとは、「才能運」という言葉の意味を理解するだけです。
スルーしかけたけど、冷静に考えると、意味分からないんですけど。才能運。
「才能をゲットする運」って事かな。
でも、才能って基本的に先天的なものだから、あとからゲットってできるのかな。
もしくは、「後天的に異能をもたらす何らかの存在と邂逅する運」って事かな。
例えば、ARMSみたいな。あれ、酷い事故に遭った上でナノマシンを移植されていた気がするけど。

| Diary | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
Empathy Journey(8):共感(8)

咄嗟に「エンカウント」という言葉が浮かんできた銅像。



行くぜ!! 北陸 その8

そして。再びの西進&北進。結局、どっちに向かっているんだ。


「米原(まいばら)」駅。
路線的には、ここまでが東海道本線。
北陸に行くには、ここから北陸本線に乗り換えとなります。



でも、その前に、米原ダッシュ。テンシさん頻尿疑惑。




「長浜(ながはま)」駅。ここで2時間の電車待ちです。
この接続の悪さが北陸本線の持ち味です。
「特急に乗れば待ち時間は無かったのに」とかいう正論には耳を貸しません。
18きっぷバンザイ。



「あるかな?」と、うっすら期待していたら、マジでありました。
長浜ラーメンのお店。
※「長浜ラーメン」は、「福岡県福岡市 長浜」が本場の豚骨ラーメンですたい。



かなり味のある建物に歓迎される街。長浜。
この老朽具合は最高にイカしていると思います。
ちなみに、この建物は、現役で使われていました。
あと、空模様は回復してきました。
実際、歓迎されているのかもしれません。長浜という街に。



歓迎されているのかもしれません。長浜という街に。

| Diary | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
Empathy Journey(7):共感(7)

もう駅構造も把握しているので、手慣れたものです。



行くぜ!! 北陸 その7


樽見鉄道の車両内で見かけた広告。
岐阜(西美濃)のゆるキャラの紹介の様です。



キミだけ空気が違ってない? 竹中半兵衛。
右の「かいづっち」との落差。



「大垣」駅に帰還。ここから更に移動です。




でも、その前に、大垣ダッシュ。

| Diary | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |