Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Bites And Stings:切歯扼腕 | main | Clean And Sweet(2):綾羅錦繍(2) >>
Clean And Sweet(1):綾羅錦繍(1)

多少は灰と化していたかもしれない。



以前、紫陽花を鑑賞しに行った事がありまして、
「そういえば、当時はカメラを持っていなかったから、ケータイで写真を撮っていたなぁ」、
「今は、コンデジとは言え、一応、デジカメを持っているなぁ」、
「今週末は梅雨にしては珍しく快晴らしいなぁ」、
という事で、気まぐれな行動原理を爆発させて、本日、紫陽花名所を再訪する事にしたのです。
ちなみに、紫陽花の花言葉は「移り気」らしいので、
この一連の思考は、紫陽花に毒された形と言えます。
けして、ボク本来の思考ではない。ボク本来の思考ならば、結論は「引き篭もるか」となる筈だからだ。


相変わらず、モサモサと咲き誇っていました。
前回、訪れてから8年が経過しているとか感じさせない相変わらずさです。
8年とか嘘なのでしょう。そうでしょう。そうと言ってよ。



この道を道として使えなくさせる紫陽花トラップも健在です。
散策させまいという強い意思が見える。この成長具合には。



そして、ここが「東京」であるという事実。
大都会東京です。コンクリートが1ミリも見えないけど、大都会なんです。



そして、ここに訪れる為に、何気に朝5時に起きたという事実。
人がいない時間を狙っただけなんですが、割と意識飛びそうなんです。





普段の生活と睡眠不足が相まって、うっかり浄化されそうになりました。
軽く封神台が見えたね。

| Diary | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/4594