Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Room And Board(9):鵬程万里(9) | main | Room And Board(11):鵬程万里(11) >>
Room And Board(10):鵬程万里(10)

何かもう、駅前だけで既にお腹いっぱいなんですけど。



春の思ひ出 その10

前述の通り、「JR境港線」は、
境港に所縁のある、妖怪漫画家の水木しげる先生とコラボしている訳ですが、
その中でも、終点である「境港」駅周辺は、「妖怪の町」として随所に妖怪が名を連ねています。


水木先生と妖怪達。
これだけで色々とストーリーが頭に浮かんできます。
屋内だから、鬼太郎さんは下駄を脱いでいる筈で、戦力低下しているだろうな、とか。
ねずみ男さん、ペン立てをガメようとしてないか? これ? とか。
(ろくでもないストーリー)



目玉のおやじ。
YEAH!! メッチャ 凝視。



ぬらりひょん。いつの間にか家に入ってお茶とか飲んでいる妖怪です。
目立たないところにいる辺りが、実にぬらりひょんっぽいです。



ヤマタノオロチ。
何か、これだけ毛色違くね?



妖怪ポストだ!!

| Diary | 20:14 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/4618