Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Nine Province(21):例祭(21) | main | Nine Province(23):例祭(23) >>
Nine Province(22):例祭(22)

正体は、「山幸彦」だそうです。



西進 Dancin' 九州旅行 その22


こん枕崎。

「枕崎」駅を探索編。
(意訳:折返し電車のダイヤ的にあまり余裕が無くて、駅見学しかできなかった)


「枕崎」では「鰹節」が有名だそうで、鰹節の行商をモチーフにした銅像が立っていました。


皆が気になる「ザルの中身」は封されていましたが、
もしかしたら、そもそも、ボクが「ザル」だと思っていたものは、
「鏡餅を逆にしたもの」とかだったのかもしれません。
であれば、この造形は写実的だと言わざるを得ません。



「枕崎」駅舎。真新しく綺麗な駅でした。
少なくとも、ボクの自宅の最寄りの駅よりは立派で綺麗です。
何かの天変地異で「枕崎」駅の駅舎とウチの最寄り駅が融合されないだろうか。



なお、駅の近くに「最南端始発駅」と銘打った建物もありますが、
こちらは、駅ではなく観光案内所です。
紛らわしいな。紛らわしい事、この上無いな。



駅舎の中。この建物、二階建てと見せかけて平屋なので、
天井が高く、開放感のある駅舎となっています。



つーか、天井に何かいるね。


?!

| Diary | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/4892