Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Limited Application:制限 | main | Lost Cooperativeness:定時 >>
Nobody's Fool:限定

考えてみたら、逆に、郵送した事も無いな。御中。



「ウォンチュー」と空耳されてしまう事で一躍有名な「御中(おんちゅう)」ですが、
常識と思わせておいて、実情、割と知られていない、この単語の意味は、
「団体を宛先とする際に添える言葉」です。
例えば、郵便物の宛先として、「株式会社▲▲ システム部 御中」なら正しいのですが、
「株式会社▲▲ システム部 テンシ 御中」は不正確な使い方となります。
ちなみに、個人宛の場合は、無難に「様」を使えば良い様です。
「株式会社▲▲ システム部 テンシ 様」みたいなね。
ボクに「様」を付けてもメリットが一切介在しない点は、また別のお話だね。



従いまして、「株式会社▲▲ システム部 テンシ ウォンチュー」、
みたいな郵送物を美女から頂くには、
「御中」を個人宛に使い、かつ、「御中」を「ウォンチュー」と空耳する美女が、ボクに郵送する
という条件を満たす必要があります。
かなり限定的な条件です。
「常識をろくに知らない美女」とか、「ドジっ子属性の美女」とか以前に、
まず、郵送物を受け取る様な業務内容にボクが従事していない、という現実が最大の問題。
ボクが美女からウォンチューを頂戴できない理由は、業務内容にあったのか。
これさえクリアすれば、美女からウォンチューを受け取り放題なのか。よし。よし?

| Diary | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/4938