Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Unafraid Boating(1):舟遊(1) | main | Unafraid Boating(3):舟遊(3) >>
Unafraid Boating(2):舟遊(2)

どうでも良いけど、サブタイトルが長い。



冷静に考えてみたら、一泊二日一人旅って初めてだったよ その2

(早く到着しすぎて電車待ち時間が長いから)「品川」駅を探索編。


のっけから「品川」駅ではないですが、駅から外に出ての天気確認。
天気良し!!(現実は見ない派)



とりあえず、「品川」周辺での予定は何も無いので、
いつか行きたいなと思っているエリアのパンフを開いて思いを馳せる。
そして、プランの料金欄にある「ニ名様から」の惹句を目にして、そっとパンフを戻す。
毎度のことながら、一人旅前提だからね。こっちは。



駅ナカにあったポスト。
ここのポストはどういうタイミングで使われるのでしょうか。
乗り換えで降りただけだから改札は出ないけど、早急に手紙を出したい時、とかでしょうか。
そういう事態に巡り合った経験は無いけど。



大都会東京の中でもトップクラスの巨大駅「品川」なので、
朝6時台でも、人はそこそこにいます。
早朝から「品川」駅にいるとか、皆、狂気だね。(音速ブーメラン)



ただ、流石に駅ナカのお店は朝6時では開店していないらしく、
シャッター街が広がっていました。
品川シャッター街。軽いディストピア。




ちなみに、今回の旅程では、
昼食について、どこかの駅の周辺でお店に入る事はおろか、
途中の駅で駅弁を買うタイミングすらないというギリギリの旅程だった為、
「4時に起床してお弁当を自作する」という凄まじい計画となっていましたが、
朝6時の「品川」駅において、駅弁屋さんだけはオープンしており
「この時間に開いているなら、ここで駅弁を買ったのに、ボクの4時起きは何だったんだ」
という脱力感に襲われる愉快なイベントにも遭遇できました。
朝の「品川」駅は、本当にエキサイティングですね。
お弁当屋さんの写真を撮り忘れるくらいのエキサイティングだね。
お弁当者さんの前で打ちひしがれる写真を撮り忘れるくらいだね。

| Diary | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/4943