Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Unafraid Boating(4):舟遊(4) | main | Unafraid Boating(6):舟遊(6) >>
Unafraid Boating(5):舟遊(5)

別に、シメっぽいままで良かった説。



冷静に考えてみたら、一泊二日一人旅って初めてだったよ その5


「富岡」駅。
天気は未だにスッキリしません。
と言うか、この日は南の方から天気が回復していたので、
東京から北上していたボクは、常に天気の悪い方に進んでいた事になります。
敢えて悪路を目指すフロンティア精神を披露してしまいました。またモテちゃうなぁ。



「富岡」駅から先がぶった切られている悲しさ。


前述した通り「常磐線」には不通区間が存在しています。
これは、東日本大震災による原発事故の影響で、路線の一部が帰宅困難区域に含まれている為です。
では、ここからどうするかと申しますと、


添乗員さんが見切れてしまった。

代行バスとなります。
ガソリンで動く乗り物に滅法弱いボクですので、ここから神に祈る時間となります。
神よ。迫り上がる胃酸を抑え給え。(切実)







代行バスは、帰宅困難区域を通るものの、(当然ですが)全く停まりません。
車窓の写真撮影はOKだったので、
バス酔いと戦いながら少しだけ撮影。
帰宅困難区域は、建物の入り口に柵が建てられていました。
少しでも早く、これが全て取っ払われて、住民の皆様が帰ってこられる日が来る事を望みます。




と、ここで終わると何だかシメっぽくなってしまうので、
とりあえず、バス酔いに震えながらボクが一番揉みたかったものを書いて終わります。おっぱい。

| Diary | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/4946