Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Unafraid Boating(8):舟遊(8) | main | Unafraid Boating(10):舟遊(10) >>
Unafraid Boating(9):舟遊(9)

FGTすら実用化が怪しいのに、更にその先を行く変態車両を期待。



冷静に考えてみたら、一泊二日一人旅って初めてだったよ その9


「柳津(やなず)」駅 到着。
左の建物は観光案内所。右の建物はトイレという、
一見すると、どこが駅舎なのか分からない構造です。
(正解は、両端の建物の間からホームに入る)
(つまり、この写真では、駅舎とか写ってない)


さて、この「柳津」駅からは、電車ではなく「BRT」と呼ばれる移動手段となります。
「BRT」とは、「Bus Rapid Transit(バス高速輸送システム)」の略でして、
通常のバスと異なり、一部、専用道路を走る事で高速化を実現する
事前に駅で切符を買う仕組みの為、運賃支払いで遅延しない、等の特徴があります。
加えて、この「柳津」駅からのBRTは、
東日本大震災で壊滅した「JR気仙沼線」の復旧策として運用されている「路線」でして、
停留所は、元々の駅だった場所が中心となっています。



……というネットで検索すればすぐに出てくる情報を全く仕入れずに、
「鉄道路線の代替として、BRTとかいう交通システムが導入されたらしい」とだけ聞いていたので、
てっきり、「鉄道の線路も走れるバス」とイメージしてしまい
「柳津」駅で、ちょっと浮くくらいワクワクしながら乗車時間を待っていたのです。
切符売り場のご婦人に「凄く楽しそうですね」声を掛けられるくらいにワクワクしていたのです。


そして到着した乗り物。うん。完全にバスだね。


「FGT(フリーゲージトレイン:異なる線路幅でも走れる鉄道車両)」の進化系で、
線路用と車道用で車輪が変動する変態車両を想像していたけど、完全にバスだね。これ。
完膚無きまでに変動しなさそうだね。このタイヤ。

| Diary | 18:13 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/4950