Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Unafraid Boating(10):舟遊(10) | main | Unafraid Boating(12):舟遊(12) >>
Unafraid Boating(11):舟遊(11)

港で新鮮な魚貝類を、とかは夢のまた夢。



冷静に考えてみたら、一泊二日一人旅って初めてだったよ その11

「気仙沼」駅を探索しよう編。


「気仙沼」駅は、BRTだけではなく、普通の鉄道も乗り入れているハイブリットな駅です。
ただ、この「鉄道」の弱点は、「終電が早すぎる」です。
終電、19時台かー。ちょっと残業したら帰れなくなるなー。
必然的に残業できない事になるなー。天国か。気仙沼。(視点の低い天国認定)



とりあえず、「気仙沼」っぽいものを載せておきます。
写真のセンスが二年前から進化していません。



駅票。上部は割れているとかではなく、
もう夜と言って良い時間になり、光量が少なすぎて影になってしまっている為です。



フラッシュを焚くと、ほら、可愛い。
可愛いけど、今度は逆に明るすぎ。
この撮影技術の無さも可愛い。





ちなみに、この時、天気は暴雨すぎて、「気仙沼」観光とかは一切許されない感じでした。
「『気仙沼』を探索しよう編」とは、即ち、「『気仙沼』駅から出られなかった編」です。
行間から読み取れる絶望。

| Diary | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/4952