Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Unafraid Boating(13):舟遊(13) | main | Unafraid Boating(15):舟遊(15) >>
Unafraid Boating(14):舟遊(14)

翌日が平日なのに、岩手にいる、という現実とかも見なかった事にする。



冷静に考えてみたら、一泊二日一人旅って初めてだったよ その14


「猊鼻渓」と言えば、兎にも角にも、舟下りが有名です。
看板曰く、「日本で唯一、竿一本で往復する」舟下りです。
逆に言えば、舟でどこかに行ける訳ではなく、出発地点に戻ってくるタイプの舟下りです。
熱力学的には、エントロピーを増やすだけの行為ですが、
熱力学的に述べる必要性はどこにもないので、問題は一切ございません。



今回、乗舟する舟です。
これで50人くらいは乗れるみたいです。
あとでも存分に書くと思いますが、張り切りすぎて最初から三番目くらいに乗ったら、
舟の進行方向的に後ろの席となり、舟から見える風景が今一つとなってしまいました。
張り切りすぎてやらかす。まるで新人時代です。
今は、張り切らなさすぎてやらかしていますからね。遠い過去の話ですね。新人時代。



「猊鼻渓」のマスコットキャラクタである「ゲイビィ」。
ポケモンみたいなお名前です。ゲイビィ。時を超えた遭遇。



ふと、川の端に目を向けたら、若干、浸水していました。
これ、割と真面目にヤバかったんじゃないのか。増水。





ま、結果的に晴れたから、良しとしましょう。
(都合の悪いものは見なかった事にする得意技が、今日も炸裂)

| Diary | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/4955