Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Unafraid Boating(20):舟遊(20) | main | Unafraid Boating(22):舟遊(22) >>
Unafraid Boating(21):舟遊(21)

あと、「阿武隈急行線」よりはラッピングが地味め、とかかな。



冷静に考えてみたら、一泊二日一人旅って初めてだったよ その21

福島交通 飯坂線に乗ろう 編。



思えば、「福島」駅も、割と少なくない頻度で乗り降りしてますね。

さて、「福島」駅でございます。
「福島」駅は、「東北新幹線」を始めとした、ご存知JRの駅なのですが、
他に、「阿武隈急行線」、「福島交通 飯坂線」といったローカル私鉄も乗り入れています。
この内、「阿武隈急行線」の方は乗車経験があったので、
今回は、「福島交通 飯坂線」の方に乗車、と相成った次第です。
要は、暇人です。「まっすぐ帰れや」というご指摘にはぐうの音も出ません。ぐう。


ちなみに、「阿武隈急行線」と「福島交通 飯坂線」は乗り場が向かい合っています。
上記の様な乗り場案内がそこかしこに設置されていたので、
恐らく、乗り間違えてしまう方が多数おられるのだと思料致します。
ついでに、ボクも危ないところだったとは口が裂けても言えない事と思料致します。



とか思っていたら、先に「阿武隈急行線」の方の列車が到着しました。
ラッピングがだいぶ弾けていますが、気にしない方向で話を進めます。



「阿武隈急行線」のラッピングに気を取られすぎていて、
「福島交通 飯坂線」の方は、何故かヘッドマークのみの写真しか残っていませんでした。
多分、「飯坂線(いいざかせん)の電車」と「良い電車」を掛けているのだと思いますが、
「いい電」だそうです。
まず間違いなく、「E電(JR東日本の愛称。全く流行らなかった愛称)」とは掛けてないでしょう。



路線名にもなっている「飯坂」は、温泉が有名らしく、
車両同士の「仕切り」は、一般的な「ドア」ではなく「のれん」でした。
これは味のある良い内装です。




なお、このまま終点の「飯坂温泉」駅に向かったものの、
温泉に入る時間的余裕は一切無かったので、
そのままトンボ返りとなりました。
「福島交通 飯坂線」を総括すると、「内装が『いい電』」です。
良さを全く解していないな、って事はお伝えできていると思います。
ある意味、こちらが伝えたい事を100%の精度で伝えられている日記。文章書きの極致。

| Diary | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/4962