Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Night Hunting:襲撃 | main | Yielding Work:沈黙 >>
Glary Glory:撃沈

締まっていない。



今日、7月8日は、イギリスの作家、パーシー・ビッシュ・シェリーさんの命日です。(1822年)
ご冥福をお祈り致します。

パーシーさんは、作家として後世に残る多数の作品を遺している方ではあるのですが、
残念ながら、恐らく、一番知られているであろう名声は、
「奥さんが、『フランケンシュタイン』の作者であるメアリー・シェリーさん」という点です。
先述の通り、パーシーさんが残した作品も一流の仕事ではあるのですが、
その一方で、「フランケンシュタイン」は、「SFの元祖」とも呼ばれており、
「発達した科学が人類に牙を剥く」という、現代でも考察されるテーマの草分けと称されています。
その為、文学において素人だったメアリーさんよりも知名度が低いパーシーさんを指して、
「作家の悪夢」とまで評されたりしています。
逆に言えば、それ程までに「フランケンシュタイン」の登場は画期的だったという事ですけどね。
「フンガー」としか喋ってくれないですけどね。
「怪物くん」でしかフランケンシュタインについて知らないのがバレバレですね。



ちなみに、そのパーシーさんの代表作は、と言いますと、
有名なところでは、「冬来たりなば春遠からじ」の一文なのですが、
それを7月の夏真っ盛りな時季に紹介しても、ほとんど訴求できていない感じなので、
とりあえず、「フンガー」とだけ言って締めたいと思います。フンガー。

| Diary | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/4985