Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Late Slapdashness:巧遅 | main | Refreshing Inferno:参低 >>
Soon After:遅参

「10分早く起きる」とかは不可能だった。



最近、以前と比較して、10分程度、早く会社に到着しています。
では、その10分だけ早めに家を出ているのかと申しますと、そんな事はなく、
自宅を出る時間は、以前と同様です。
どこでもドアを遂に持ち得たのかと疑われるトリックです。
どこでもドアを手に入れられたのならば、10分と言わず、もっと劇的な効用がある筈ですが。

さて、このトリックの正体を明かしますと、
直接的な行動としては、毎朝、電車に乗り込む「車両」を変えただけです。
蓋を開けると、単純極まりない行動ではあるのですが、
この「車両」を変えた事で、乗り換えがスムーズになり、
乗り換え先の電車が、一本早くなった上に、「急行」扱いの電車になったのです。
加えて、この「一本早い急行電車」に乗って、最終的に会社の最寄り駅に到着すると、
信号待ちに引っかかる確率が激減するみたいで、
結果、駅から会社への時間も短縮されるのです。
いわば、「奇跡のルート」を発見してしまった訳です。
驚異的なまでに安い奇跡ですが、
これにより、最近は、朝一の打ち合わせで上司と一緒に着席、という、
一見すると、やる気に満ち溢れた体裁を整えられる様になっています。良い事尽くしです。



つまり、「以前は、朝一の打ち合わせで、上司の目もある中、毎回10分遅刻していた」
という事実に気付いてしまった賢明なる諸兄に対しては、
「沈黙は金」の言葉を進呈したいと思います。

| Diary | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5001