Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Primal Factor:第一 | main | Tangly Schedule:過密 >>
Rotten Fruit:一過

現場に配属されたフレッシュな新人さんを見ながら思った事。



「風の谷のナウシカ」での、巨神兵が崩れ落ちる場面において、
「腐ってやがる。早すぎたんだ。」というセリフがありますが、
良く良く考えると、「腐る」と「早い」が繋がるケースって、あんまり無いよなと思うのです。
あと、全くの余談ですが、このセリフを吐いたクロトワさんが、
あの風貌と達観ぶりで「27歳」という設定も、あんまり無いよなと思うのです。

クロトワさんの渋さは置いておいて、話を戻しますと、
通常、「腐る」という事象は、
「食べるタイミングが遅すぎた」、「防腐処理を施すのが遅れた」等、
何かしらが「遅い」ケースが大概ではないでしょうか。
従いまして、現実で、「腐ってやがる。遅すぎたんだ。」ではなく、
「腐ってやがる。早すぎたんだ。」と言えるシーンは、ほぼ皆無だと思うのです。
劇中のセリフを補完するならば、「(覚醒措置の中断が)早すぎたんだ。」ぐらいですから、
無理に応用すれば、「(料理が)腐ってやがる。(加熱の中断が)早すぎたんだ」とかが関の山です。
この用法を駆使できるタイプは、猫舌さんぐらいです。
結局、対象物は腐敗しているから、駆使できてもメリットは一切無いんですけど。



あるいは、「(社会人としての性根が)腐ってやがる。(やる気を無くすのが)早すぎたんだ。」
という用法も考えられなくはないですが、まぁ、この話は辞めておきましょうか。

| Diary | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5019