Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Tangly Schedule:過密 | main | M'aider Signal:室外 >>
Elaborate Room:密室

別段、マズい訳ではないが、特段、美味い訳でもない。



メガネの少年探偵が良く直面している、「密室トリック」について、
それを作り上げる犯人側のメリットって何だろうかと、常々、思うのです。
「犯行時刻(と思われる時間)に現場が密室であった為、犯人が存在しえず迷宮入り」、
「ある一定期間、室内の状況を隠蔽する目的で、対象の部屋に誰も入れない様にする」等、
目的は色々と浮かびはするのですが、
どれも、「では、必ずしも密室にしなければならなかったのか」と考えると、
密室トリックを練り上げる以外の方法は幾らでもありそうな訳で、
結局のところ、「密室を作り上げた理由」で一番、ありそうなものは、
案外、「トリックを思い付いたんで、試してみたくなったから」ではないでしょうか。
「カレーに『ししとう』を入れた代物」を食べながら、ボクは遠い目で犯人達に思いを馳せたのです。
辛さを足したかったのなら、他に方法は幾らでもあったけど、
思い付いたんで、試してみたくなった代物を食べながら。

| Diary | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5021