Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Empathy Journey(52):共感(52) | main | Empathy Journey(54):共感(54) >>
Empathy Journey(53):共感(53)

よっぽど、「荒れ狂う川」の方に興奮していた。



行くぜ!! 北陸 その53


「南小谷(みなみおたり)」駅 到着。
「大糸線」で起点から終点まで一気通貫で走ってくれるダイヤは無い(※)ので、
必ず、ここで乗り換えです。
※「糸魚川」〜「南小谷」がJR西日本、「南小谷」〜「松本」がJR東日本の管轄、という理由。
 この辺りの大人の事情を一切理解していないので、
 「え? どっちもJRなら管轄同じでは?」としか思っていないのですが、
 何か、そういう事らしいです。ふんわりと伝われ。



「南小谷」駅の駅舎。見切れています。


見切れている理由は、全景を写そうと、これ以上、後ろに下がると
「転落、そして、死」となるからです。
ザ・濁流。



逆に言えば、「南小谷」駅の駅前は、「川」となります。
写真の右から、駅舎、道路、川。
ザ・シンプル。



上述で、「南小谷」駅は、JR西日本/JR東日本の境界、と記載しましたが、
それは、そのまま、「非電化(ディーゼル車)」/「電化(電車)」の境界でもあります。
その為、「南小谷」駅は、「ディーゼル車と電車の両方を撮影できる珍しい駅」だそうで、
一応、そのシーンを激写してみました。
惜しむらくは、「ディーゼル車と電車の両方を撮影できる」点に、
ボクが大した興奮を覚えていない事です。
ザ・無関心。

| Diary | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5101