Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Northeast Memoria(1):記憶(1) | main | Northeast Memoria(3):記憶(3) >>
Northeast Memoria(2):記憶(2)

お天気に恵まれない体質。



秋の乗りたい放題 その2


「新白河」駅 到着。
前回もそうでしたが、東北本線は基本的に接続が良すぎるので、
常にトイレを意識した戦いを強いられますが、
今回の旅程では、この「新白河」駅でしばしの待ち時間です。
念願のトイレ休憩。待ちに待った待ち時間。



「新白河」駅は、新幹線の駅でもある為、
相応に大きな駅でした。
まぁ、基本的に普通列車のみで乗り潰そうとしているボクには関係の無い大きさでしたが。



交番が「KOBAN」でした。
トイレ休憩が嬉しすぎて、普段では何とも思わない事柄でも撮影してしまうテンションです。
つまり、これを書いている時点では、何とも思わない写真です。
あと、道路がメッチャ濡れている事についても、何とも思わないでいましょう。
「雨?」とか勘繰ってはいけません。見ないふりです。めっ。



「白河」の土地は、松尾芭蕉さんが「奥の細道」で訪れたらしく、
駅前で待ち合わせをする場合、芭蕉さん前が便利そうでした。
あと、道路がメッチャ濡れている事についても、何とも思わないでいましょう。
「雨?」とか勘繰ってはいけません。見ないふりです。めっ。





そして、「新白河」駅から更に北上して、「郡山」駅に到着です。
昼に撮影した筈なのに、異常に暗い写真に仕上がっている点から、
「雨?」とか勘繰ってはいけません。見ないふりです。めっ。

| Diary | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5123