Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Northeast Memoria(20):記憶(20) | main | Northeast Memoria(22):記憶(22) >>
Northeast Memoria(21):記憶(21)

「おでります」という使い方が合っているかは不明。多分、間違っている。



秋の乗りたい放題 その21


何度目だ盛岡。

さて、「初めて18きっぷを使った旅行で泊まった街」という背景もあり、
ボクにとって、今まで訪れた街で一番気に入っている街「盛岡」なのですが、
今回は、残念ながら乗り換えで降りただけです。
できれば、また骨付き鳥を豪快に焼いた定食を貪りたかったところです。
「盛岡」と言えば肉。誤った気に入り方。


この後、別の街で昼食を摂る予定だったので、
「盛岡」のソウルフードである「福田パン」もお預けです。
「盛岡」の魂。コッペパン。



とは言え、食事はできないものの、すぐに乗り換えという訳でもなく、
中途半端に時間を余らせていたので、
駅構内で開催されていた市場を冷やかしで見学。
マイタケが規格外にデカい。



謎のキノコにしか見えなかったのですが、
「ぶどう」と書かれた箱で売られていたので、多分、ぶどう。



箱の中身の正体は、「ボリ」らしいです。
全容を一切掴めていない。何だ、ボリって。新種のぶどうか?(錯乱中)



青森産のにんにくが1kgで1800円。
高いか安いかで言えば、圧倒的にお買い得なのですが、
1kgのにんにくを使い切るビジョンを持てなかったので、手が出ず。
あと、1kgのにんにくを手にしながら旅行を続けるビジョンも持てなかったし。





また別の機会におでります。盛岡。

| Diary | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5143