Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Northeast Memoria(23):記憶(23) | main | Northeast Memoria(25):記憶(25) >>
Northeast Memoria(24):記憶(24)

車内は割と空いていましたが、座っていられなかった。



秋の乗りたい放題 その24


「花巻」駅に戻ってきました。

さて、この「花巻」駅からは、
「釜石」駅までを結ぶ、その名も「釜石線」という路線に乗り換えです。
こう言っては何ですが、都市部を通る様な路線ではない為、
ボクの大好物である、山間部をゆっくりと走るのんびりとした旅程になる筈でした。


そしたら、途中の駅で、こんな駅票が目に飛び込んできた。

「土沢(ブリーラ・リヴェーロ)」駅?!

慌ててスマホで調べたところ、
この「釜石線」は宮沢賢治ゆかりの路線という事で、
宮沢賢治作品で頻出する「エスペラント語」の愛称が、各駅に付けられているそうです。
ボクの脳内で、中二病が弾けた音を聞いたね。赤い実弾けた。

という訳で、ここから、「駅に到着する度に、駅票を逐一チェックする」という、
近年稀に見る忙しい旅が始まったのです。
先に言っておくと、改めて振り返って、
この「釜石線」が、今回の旅の一番の盛り上がりポイントでした。
盛り上がる中二病。


「晴山(チェリーズ・アルボイ)」駅。意味は「桜並木」。
つまり、日本語風に言えば、「千本桜」駅です。
卍解!! チェリーズ・アルボイ!! みたいな。違和感無いな。これ。



「岩根橋(フェルヴォイポント)」駅。意味は「鉄道橋」。
ちなみに、「フェルヴォイポント」の由来にある「鉄道橋」とは、
当駅の最寄りにある「達曽部川橋梁」の事を指しており、
この橋は、「銀河鉄道の夜」に出てくる鉄橋のモデルになったそうです。
まぁ、降りてないから現物を知らんけど。
ついでに言えば、「銀河鉄道の夜」もきちんと読んでないけど。



「宮守(ガラクシーア・カーヨ)」駅。意味は「銀河のプラットホーム」。
夜でもないのに、夜みたいな写真になってしまい、
図らずも、その名の通り、「ガラクシーア・カーヨ」っぽくなった。

| Diary | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5146