Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Northeast Memoria(25):記憶(25) | main | Northeast Memoria(27):記憶(27) >>
Northeast Memoria(26):記憶(26)

次が終点です。残念。心から残念。



秋の乗りたい放題 その26

まだまだ続くぜ 中二病釜石線に乗ろう 編。



「足ヶ瀬(モントパセーヨ)」駅。意味は「峠」。
「お仕事の峠を越える」は、「お仕事のモントパセーヨを越える」。
お仕事のスケジュール表とかに書いておこうと思う。
「ここが、このタスクのモントパセーヨ」みたいに。



「上有住(カヴェルノ)」駅。意味は「洞窟」。
「お仕事の洞窟を越える」は、「お仕事のカヴェルノを越える」。
お仕事のスケジュール表とかに書いておこうと思う。
「ここが、このタスクのカヴェルノ」みたいに。
「お仕事の洞窟」って概念が、まず分からないけど。勢いで。



「陸中大橋(ミナージョ)」駅。意味は「鉱石」。
この辺りに鉱山があったそうです。
「平倉(モンタ・ディーオ(山の神))」駅、
及び、「足ヶ瀬(モントパセーヨ(峠))」駅から察するに、
エスペラント語で「山」は「モンタ」と思われるので、
「鉱山」をエスペラント語に変換すると「モンタ・ミナージョ」ですかね。
分かったところでメリットが一つもない類推ですけどね。



ちなみに、毎回、他の乗客の迷惑にならないように駅票を撮影する必要があり、
短い停車時間に撮影場所を見極めて疾走しまくっていたので、
こういう失敗写真を大量に生んでいます。釜石線で。
割とタフな旅行です。雄叫びとかを上げてもおかしくない状況だった。
他の乗客の迷惑をかけない筈なのに。雄叫び。



多分、あれが「陸中大橋」の由来になった「大きな橋」なんじゃないかな。
本物の橋よりも、駅票に興奮している旅だけど。一応ね。



「洞泉(ツェルヴォイ)」駅。意味は「鹿」。
「岩手上郷(ツェルヴォダンツォ(鹿踊り))」駅がある事を考えると、
この辺り、鹿の生息地なんですかね?
鹿、食べたいなぁ。ツェルヴォイの刺し身とか食べたいなぁ。



「松倉(ラ・スーダ・クルーツォ)」駅。意味は「南十字星」。
正直、この駅名を見た時、震えたね。カッコ良すぎて。
最寄り駅が「ラ・スーダ・クルーツォ」とか、最早、ステータスですね。
「ラ・スーダ・クルーツォから東京までの定期券」とか欲しい。



「小佐野(ヴェルダ・ヴェント)」駅。意味は「緑の風」。
「ヴェ」で頭韻を踏んでくるの、ズルい。カッコ良い。
「ラ・スーダ・クルーツォからヴェルダ・ヴェントまでの定期券」とか欲しい。
隣の駅ですけど。ラ・スーダ・クルーツォとヴェルダ・ヴェント。

| Diary | 16:49 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5148