Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Northeast Memoria(31):記憶(31) | main | Amazing Dystopia:憶測 >>
Northeast Memoria(32):記憶(32)

「宇都宮」辺りから帰宅ラッシュに巻き込まれる苦行。



秋の乗りたい放題 その32

まさかのラスト。
1日目、2日目に対しての3日目のペース配分おかしくないすか? 編。




「前谷地(まえやち)」駅。
前回の日記に残っていませんでしたが、ここも2度目の訪問。
「前谷地」大好きっ子か。



「小牛田(こごた)」駅。
こっちは、もう、何度目か数えるのも面倒なくらい来ている。
来ているけど、毎回、乗り換えで降りているだけなので、
周辺区域に何が有るのか、未だに分かっていない。
いつか、ちゃんと訪れよう。小牛田に。心から。(ちょっとだけ掛かった)(面白ーい)



「仙台」駅に到着したんですが、写真を撮影していませんでした。
こちらは、「仙台」駅構内で購入した「ひょうたん揚げ」。
正体は、カマボコをアメリカンドッグ風に揚げた代物。
ケチャップを付けて食べると、あら不思議。カマボコの存在が消えます。
なお、これのみが、この日の昼食となってしまう事は、
この時のテンシさんには思いもよらなかったのです。
(昼食のタイミングを完全に見失った為)



「福島」駅。
ここで新幹線に課金して、楽に帰ろうかと悩んだのですが、
「苦労して帰りなさい」と、お財布が囁いてきたので、断念。
許されなかった課金。



帰ってきたぜー。「新白河」駅。


帰ってきたぜー。「黒磯」駅。


帰ってきたぜー。「宇都宮」駅。

この辺り、車窓の写真とか一切無く、駅票の写真しか残っていなかったので、
多分、疲れていたのだと思います。爆睡の記憶。

| Diary | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5154