Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Not Communicated:換言 | main | A Wish:論結 >>
Discussing Madonna:言論

なお、「B」は女の子の本名(ブリギッテ)のイニシャル、という事に、今更、気付きました。



中学生の時分、国語の教科書に「命ということ」という物語が掲載されていました。
あらすじは、ドイツを舞台に、ソーセージ工場見学に向かった主人公達が、
処理されたブタを目の当たりにして、「命」について思いを馳せる、みたいな話です。
ボクからすると、「ブルートヴルスト(血で作るソーセージ)」を初めて知った作品です。
沖縄料理の「チーイリチャー」みたいなものですよね。多分。
教科書の編纂者の思いとかから完全に外れている感想しかない。食欲しかない。

で、です。この「命ということ」では、
クラスのアイドル的存在の女の子が、まだ温かいブタの背に手を突っ込み「命」を実感する
という印象的なシーンがあるのですが、
この女の子について、作中では「マドンナB」と呼ばれていました。
「マドンナ」は「クラスのアイドル的存在」の比喩だと思うのですが、
「B」については、当時の授業において、
「ドイツが舞台なのだから、『B』はドイツ語読みで『べー』と発音しなさい」と教わりました。
要するに、「マドンナB」は「マドンナ ベー」です。
ただ、です。ふと思ったのです。
「B」をドイツ語読みするのであれば、「マドンナ」の部分もドイツ語読みするべきでは、と。
20年以上前の事を今更に。多忙を極める筈の年の瀬に。ふと思ったのです。



そしたら、ドイツ語読みで「マドンナ」は「マドンナ」らしいので、
ボクはスゴスゴと引き下がったって訳さ。HAHAHA。

| Diary | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5160