Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Sharply:グサグサ | main | Indistinctly:モゴモゴ >>
Chubby:ムチムチ

でも、落ち着いたら、また手を出しちゃう。(ダメ人間)



後の世に「大航海時代」と称された時代において、
当時の未発達な防腐処理では「水」の保存が不可能だった為、
長期航海中の水分補給は「酒」、特に、安価な「ラム酒」に頼っていました。
しかし、水分補給(と言う名の飲酒)で水夫さんが泥酔状態になると仕事にならない為、
遂に、ある船で「ラム酒は、薄めてから支給するわー」となったのだそうです。
勿論、このルールはお酒大好きな水夫さん達から大不評でして、
「グログラム(Grogram)」という粗い布地のコートを好んで着ていた船長さんは、
「Old Grog(古コート野郎)」と陰口を叩かれる様になりました。
これが、薄めたラム酒をベースにしたカクテル「グロッグ」の語源と言われています。
カクテルバーで意中の人を口説き落とす際の小粋な小話の一つとしてご活用下さい。
ボクは下戸で、カクテルバーとか行った事ありませんから、小話の効果とか知らないですけど。
もっと言えば、グロッグを飲んだ事も無い。
ラム酒も具体的にどういったお酒なのか知らない。何も分からない。無知の知。ムチムチ。



ちなみに、上記の「グロッグの小粋でモテカワな由来話」には続きがありまして、
グロッグですら酩酊状態に陥る水夫さんが後を絶たなかった為、
「前後不覚でフラフラな状態」「グロッキー」と称す様になったのだそうです。
ボクは下戸で、カクテルバーもグロッグもラム酒も知らないムチムチな野暮天ですが、
「グロッキー」なら分かります。今のボクです。
主に、「食べ過ぎで」という理由ですが、現在、グロッキーです。
「ビッグチキンカツ」の「ビッグ」さをナメていました。
ムチムチです。(お腹周りが)

| Diary | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5182