Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Antsy:ピキピキ | main | Repetitively:ダルダル >>
Abundantly:ウジャウジャ

「利便性」だけで言えば、むしろ、我が家で最高レベルだったりするのですが。



そろそろ、ボク達は目の前の問題に真摯に取り組まないといけない段階に至ったと思うのです。
そうです。服の保有量がタンスの容量を超えてしまっている問題です。
主語を「達」とする事で、ボク一人が原因ではないと高らかに主張できるライフハック。

という訳で、服が溢れ返っているナイスガイこと、テンシです。こんばんは。
別に、ブランド物の服とかを持っている訳ではないので、
売りに出す事も能わず、
かと言って、持ち前の貧乏性は本日も絶好調なので、
「捨てる」という選択肢もハナからありません。
当然ですが、「お金」も「場所」も無い、という現実から、
「タンスを買い増す」という解決方法は、「妄想」以上の価値を持たないアイデアでしかありません。

となると、気軽に始められて、かつ、即効性の高い策で言うと、「整理と退避」でしょうか。
つまり、部屋着やアンダーウェア等、使用頻度の高い服はいつものタンスに入れておいて、
休日にしか着ない私服等、使用頻度の低い服をどこかに退避してしまえば良い訳です。
退避先は、クローゼットの奥や本棚の上等、
「ある程度のスペースはあるが、利便性が低く使われていない場所」が候補になります。
要は、「デッドスペースの有効活用」とも言えますので、
ある意味、一石二鳥とも言える方策です。



「テレビ台に備え付けられている引き出しに、何故か服が入っている理由」を問われれば、
大体、上述の文章での説明となります。
DVDとか周辺機器とかを格納するスペースなんだろうけど、そういうの一切持っていないからね。
完全なるデッドスペースだったからね。
テレビの下には、ド派手なTシャツが満載です。

| Diary | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5189