Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Tarry(7):ウロウロ(7) | main | Tarry(9):ウロウロ(9) >>
Tarry(8):ウロウロ(8)

ボクの心の様に白い城。



胡乱にウロウロ その8

さて、今回も「青春18きっぷ」を使った旅行なので、
当然、この日も鉄道移動がメインなのですが、
お目当て路線のダイヤの関係上、ちょっとだけ朝に余裕がありました。
そして、ボクはこの日、「姫路」スタートな訳です。
という事は、そうですね。


アレを間近に見るチャンスですね。


国宝 姫路城。
江戸時代初期に建てられた天守や櫓等の主要建築物が現存し、
また、主郭部を含む中堀の内側は「姫路城跡」として国の特別史跡に指定されている[8][9]。
また、ユネスコの世界遺産リストにも登録され[10][11]、
日本100名城[12]などに選定されている。
別名を白鷺城(はくろじょう・しらさぎじょう。詳細は名称の由来と別名を参照)という。
安定のWikipediaコピペ。



Wikipediaに載っていなかった情報としては、
「姫路城一帯はドローン禁止」とかです。
明日、役立つ情報ですね。



「平成の修理」と呼ばれた工事を経て、「白鷺城と言えど、白くなりすぎた」とか言われていましたが、
修理前の状態を知らないので、
別に違和感無く、落ち着いた感じに見えますね。
ボクよりよっぽど落ち着いた感じに見えますね。
むしろ、落ち着きの無さで勝負している感すらありますからね。ボクの方は。



天守閣に入るには、入場料を払うのですが、
その入場手続きに対して、凄まじい行列ができていました。
行列のできる姫路城です。



城内の見学時間は目安1時間らしいのですが、
流石に、ここで更に1時間を費やす余裕は無かったので、
姫路城の見学はここまでです。
いえ、入場料を惜しんだとかではなくですね。時間を惜しんだんです。
そんな、数百円を惜しむテンシさんじゃないですよ。ホントだってば。こっち見ろって。





では、出発しますか。姫路から。

| Diary | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5202