Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Tarry(45):ウロウロ(45) | main | Tarry(47):ウロウロ(47) >>
Tarry(46):ウロウロ(46)

駅前は青空の筈なのに。



胡乱にウロウロ その46


「和田山」駅から山陰本線で少し移動して「福知山」駅に到着。
以前、「多分、今後もココに来る事はあるんだろうなと思います」と予言していた通り、
やってきました。福知山。
待ってただろ。福知山。(迷惑な決めつけ)



「福知山」駅には、以前、乗車を諦めた「京都丹後鉄道」も通っています。
ただ、今回も「京都丹後鉄道」はスルーです。
いつかは、必ず乗りに来る筈なので、
その時まで、待っていろよ。京都丹後鉄道
そして、それはつまり、最低、あと一回は「福知山」に降り立つという事です。
待っていろよ。福知山。(迷惑な予言)



「福知山」駅の駅舎。
新幹線が通っているとかではないのですが、
新幹線駅並の大きさを誇っています。
JR西日本の支社も置かれており、この辺一帯の交通の要所です。
「福岡」の「福」と同じ字ですからね。「福」が付けば、大体、要所ですよね。
(等と意味不明な供述を)



駅前には、昔、「福知山」一帯を走っていた機関車が展示保存されています。
大きさは、背景のスポーツ用品店からお察し下さい。超デカいの。(興奮)



ちなみに、この機関車が載っている土台が、「転車台」です。
今ではライトアップの電飾が巻きつけられていますが。



遠くを見れば、山が雪雲に覆われて、何か凄い事になっていました。
漠然とですが、あそこに行ったら遭難するんだろうなって思います。

| Diary | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5221