Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Tarry(36):ウロウロ(36) | main | Tarry(38):ウロウロ(38) >>
Tarry(37):ウロウロ(37)

人形が作られている理由は不明。



胡乱にウロウロ その37


わかさ!! わかさって何だ?!

振り向かない事です。こんにちは。
という訳で、途中の旅程を完全にふっ飛ばしていますが、
「鳥取」駅から直通の列車で「若桜(わかさ)」駅にやってきました。
「若桜」駅、及び、その周辺は、「若桜鉄道」という私鉄の区域です。
(つまり、悲しみの「18きっぷ圏外」)


乗ってきた車両は「さくら4号」。
「こあら2号」に比肩する脳に直接訴求してくる名前です。



「若桜」駅の駅舎。
「古き良き駅舎」って感じですが、実際、登録有形文化財に指定されています。
「登録有形文化財とは何か」というテーマについては、長くなるから、またの機会にね。



味のあるカエルさんです。
「カエル」は「無事帰る」という事で、旅行中の身には縁起の良い生き物なのです。
「けろけろけろっぴ」のシャツとか着ておくべきか。旅行中は。オッサンでも。



「若桜」駅は、等身大の人形がそこかしこに屹立していました。
駅員なのに、やたらと挑発的です。この人形。この指。





お、おう。(としか言い様が無い)


どうせ人形を作るなら、この娘の人形を作れば良いのに。

| Diary | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5239