Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Indecisively:ウジウジ | main | Gently:グツグツ >>
Hearty:モシャモシャ

さっきの手紙の御用は何?



唐突に実家の父親から、
「童謡の『ヤギさん郵便』で、ヤギさん達は貰った手紙を食べまくっていたのに、
 何故、自分で返信を書く時に、その手紙を食べなかったのだろうか?」

との疑問を投げかけられました。
ボクが12年前に通った道です。血は争えないね。パパン。

さて、この疑問に対し12年前のボクは、
「ヤギさんは、手紙を手(前足?)にした瞬間から食べるのだから、手紙を出せる筈はない。
 つまり、『手紙を出した』『だけと読まずに食べられた』『だから用聞きの返信が来る』、
 という一連の妄想を繰り返して、紙を食べ続けているに違いない

という、若干、病んだ結論を出していました。
時期的に、社会人生活に馴染み始めていたのだと思わせる結論です。

ただ、今なら、もっと別の簡便な仮説を考える事もできます。
「さっきの手紙の御用は何?」と返信を書いた時は、空腹ではなかっただけです。
いくら手紙を受け取った矢先から食べてしまう旺盛な食欲のヤギさんだって、
満腹であれば、紙を目の前にしても食べはしないでしょうから、
その満腹のタイミングで返信を書くのであれば、童謡の歌詞に矛盾はありません。
完璧な理論です。12年の歳月による成長を伺わせる考察です。
12年の歳月による成長がこれだけかと絶望させる考察でもありますが、気にしてはいけません。



ただ、童謡の歌詞を文字通りに受け取ると、
手紙を受け取ってうっかり食べた後、「さっきの手紙の御用は何?」と返信を書くまでの間に、
タイムラグは無い認識です。
つまり、上述の考察の通りであるならば、
「受け取った手紙を食べる前は空腹だったけど、食べたら満腹になった」という状況の筈です。
寡聞にしてヤギさんの通常の食欲度合いは存じ上げませんが、
恐らく、手紙一枚ぐらいでは胃袋は満たされないでしょうから、
これはもう、「受け取った手紙の枚数は膨大だった」としか考えられません。
童謡の歌詞では、手紙に書いた内容は、「さっきの手紙の御用は何?」だけですから、
この一文が延々と記載された膨大な手紙を、ヤギさん達は互いに送受し続けている事になります。

さっきの手紙の御用は何? さっきの手紙の御用は何? さっきの手紙の御用は何?
さっきの手紙の御用は何? さっきの手紙の御用は何? さっきの手紙の御用は何?
さっきの手紙の御用は何? さっきの手紙の御用は何? さっきの手紙の御用は何?
さっきの手紙の御用は何? さっきの手紙の御用は何? さっきの手紙の御用は何?
さっきの手紙の御用は何? さっきの手紙の御用は何? さっきの手紙の御用は何?
さっきの手紙の御用は何? さっきの手紙の御用は何? さっきの手紙の御用は何?
さっきの手紙の御用は何? さっきの手紙の御用は何? さっきの手紙の御用は何?
さっきの手紙の御用は何? さっきの手紙の御用は何? さっきの手紙の御用は何?
さっきの手紙の御用は何? さっきの手紙の御用は何? さっきの手紙の御用は何?



うん。病んでる☆

| Diary | 20:09 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5260