Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Aimlessly(6):ナハナハ(6) | main | Aimlessly(8):ナハナハ(8) >>
Aimlessly(7):ナハナハ(7)

ちゃんと電波も届くんだぜ。このカフェ。



January Journey その7

ところで、今回の沖縄旅行において、メインの目的は何だったかのかと申しますと、
「ホエールウォッチング」でした。
通常、成体のクジラは息継ぎ無しでも長時間の潜水を可能としているらしく、
あまりウォッチングできないらしいなのですが、
子供のクジラは頻繁な息継ぎを必要とし、共連れで親クジラもしばしば水面に顔を出す為、
クジラの子育て期間である「冬」は、ホエールウォッチングの旬なのだそうです。
「旬」を大事にする海原雄山も、ボクの沖縄旅行プランにはニッコリな筈です。

ところが、です。
旅行期間中、天気予報はずっと「晴れ」でしたし、事実、晴れていたので、
完全に油断していたのですが、
ホエールウォッチングを主催している会社から、「風が強くて、船を出せない☆」という、
「ホエー」と吠えるしかない連絡を受けてしまいました。
あ、ホエールだけに「ホエー」と吠えたんですよ。(丁寧な説明)

まぁ、「割と酔うから薬とか飲んでおいてね」とか言われていたのに、
A&W山羊汁といった、「酔ったらマーライオン」としかならない食事を選んでいた時点で、
油断しまくっている様相が手に取るように分かりますが、
ホエールウォッチング中止で一番の問題は、「午後、何して過ごそう?」です。
何しろ、半日、ホエールウォッチングの予定だったのです。
この空いた時間を埋めない事には、最悪、「ボードゲームカフェで半日コース」です。
それはそれで面白そうですが、「沖縄に来てまで」と考えると、精神衛生上、宜しくありません。


という訳で、急遽、ネットのパワーで探し当てた観光地にやってきました。
ガンガラーの谷です。
「です」と言われても、大半の方には伝わっていないでしょうが、
ボク自身、「ガンガラー」が何なのか、いまいち、説明できません。
行ったのに。凄い楽しんできたのに。



簡単に言うと、「鍾乳洞が崩壊してできた谷間に広がる森」です。ガンガラーの谷。
だから、ガンガラーって何なんだ。
あと、軽く「谷内を廻る1時間20分のツアー」とか言ってますが、
割と重労働じゃないのか。1時間20分のツアー。徒歩だろ? これ。


何はともあれ、まずはこの「ツアー」とやらに申し込みです。






何ぞこれ。カッコ良すぎるだろ。鍾乳洞の中にカフェ。


と、興奮して写真をバシャバシャ撮っていたら、メッチャ濡れました。
そうか。鍾乳洞って上から水が滴り落ちてくるもんな。
洞窟内なのに、パラソルを開いている理由を深く考えるべきだったよな。





あと、ホエールウォッチングを断念した我々に対して、
写真で煽ってきやがりました。
ガンガラーの谷。

| Diary | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5296