Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Aimlessly(9):ナハナハ(9) | main | Aimlessly(11):ナハナハ(11) >>
Aimlessly(10):ナハナハ(10)

他の人の撮影が終わるのを待っているからね。



January Journey その10

続 ガンガラーの谷 ツアー 編。



最初の説明でもあった通り、ガンガラーの谷は、
「鍾乳洞が崩壊してできた谷間に広がる森」な訳ですが、
この「鍾乳洞が崩壊」した場所が、おおよそ、この辺りなのだそうです。
つまり、この写真で見えている崖は、「鍾乳洞が崩壊した断面」でして、
崩壊が無ければ、この辺り一帯は、鍾乳洞の中だった訳です。
「鍾乳洞」ってもう少し小さいスケールかと思ってたんですが、
かなり大きい洞だったんですね。



つまり、崩壊が無ければ、この辺りは鍾乳石の天井だった訳です。
森サイズの鍾乳洞。



こういう木、モンハンで見た。


多分、この辺りで「実」とか採取できるんだと思う。
「ハリの実」とか「はじけクルミ」とか。
(モンハン脳)



もう、異世界ですね。これ。
時期によっては、ナイトツアーとかあるそうなのですが、
こんな異世界を真っ暗な夜に歩いていたら、遭難待ったなしじゃないかな。




そして、人が写り込まない様に最後尾で写真を撮っていたら、
また、ツアーからはぐれました。

昼間でさえ、遭難待ったなしです。

| Diary | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5299