Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Aimlessly(13):ナハナハ(13) | main | Aimlessly(15):ナハナハ(15) >>
Aimlessly(14):ナハナハ(14)

振り幅が大きすぎる。



January Journey その14

続々々々々 ガンガラーの谷 ツアー 編。



しかし、周りのどこを向いても「ジャングル」という感想しか浮かんでこない景色です。
「旅行=非日常」という観点では、これまでの旅行の暫定一位かもしれません。
この光景を「日常」と主張できる存在は、「港川人」だけでしょうけど。



ツアー最後の鍾乳洞。
この写真も人が写り込まないように苦心した一枚ですが、
この頃になると、ボクがツアーからはぐれない様、先頭に行かされれていた為、
割と普通に撮れていたりします。



子供達が謎の石遊びをした後、みたいな感じですが、
ここは、港川人の人骨が発見された場所だそうです。
特筆すべきは、正装された状態での発見だったらしく、
つまりは、セメタリーです。ライトアップされていますけど、セメタリー。





そんなこんなで、ガンガラーの谷 ツアーは終わってしまいました。
このドアが太古の世界と現実世界を隔てる一枚なのです。
名残惜しいですが、現実世界に戻る事にしましょう。



続きまして。

| Diary | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5303