Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Aimlessly(19):ナハナハ(19) | main | Aimlessly(21):ナハナハ(21) >>
Aimlessly(20):ナハナハ(20)

なお、ゆいレールは、今年、延伸します。めでたい!!



January Journey その20


ホエールウォッチングを断念したボクに対して、
ホテルのパンフで煽ってきやがりました。
おは沖縄。


三日目(最終日)だよー 編。

三日目は、昼過ぎの飛行機で東京に帰るだけなので、
飛行機の時間まで、一人でブラブラです。
人はそれを「徘徊」と呼びます。時間によっては通報事案。
午前中の徘徊で良かった。なんて運が良いのだろうか。ボクは。


「サンシャイン通り」の英語案内は、「Sunshine−dori」です。
「Sunshine」まで英訳できているなら、「通り」も英訳すれば良いのに。
まぁ、「通り」ってどう英訳すれば良いのか、ボクも分からないですけど。
中学英語レベルか、下手したら小学英語レベルですけど。分からないですけど。



那覇市役所。ラスボスがいそうな雰囲気の建築物です。


怖くて入れなかったお店。



さて、何度も書いている通り、
ボクは車を(技術的な意味で)(国は運転を許可しているけど)運転できない訳でして、
旅行先での移動は、「徒歩」か「公共交通機関」となります。
そして、沖縄における「公共交通機関」と言えば、そうです。アレです。


沖縄が誇るモノレールこと「ゆいレール」です。
モノレール大好きっ子としては、乗らざるを得ません。
むしろ、このゆいレールの為に沖縄に来たと言っても過言ではありません。
(割と過言)



ゆいレールの切符は、二次元バーコードによるタッチ式でした。
メリットとしては、乗車後、この切符自体は回収されずに手元に残る点です。
ゆいレールに乗った物証が手に入ります。
何物にも代えがたいメリットです。他の公共交通機関も採用すべき。是が非でも。早急に。



モノレール大好きっ子なので、
当然、運転席が見える席を確保です。ハァハァ。(不治の病)



そんなこんなで、空港に到着。さぁ、帰るよ。

| Diary | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5305