Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Disquisitionary:ズラズラ | main | Unfortunately:グヌグヌ >>
Shivery:ガタガタ

「tooth」は「首領」ぐらいの意味で、「青い服を着た王様」説が有力だそうです。



今日、7月26日は、通信技術「Bluetooth」の仕様書1.0版が発表された日です。(1999年)
多分、今日はBluetoothユーザが列をなしてパレードを楽しんでいるのだと思います。
プレミアムフライデーですしね。(死語)

さて、この「Bluetooth」は、ネットスラングで直訳の「青歯」と呼ばれていたりしますが、
実際、「Bluetooth」の語源は、
「青歯王(Bluetooth)」の渾名の10世紀のデンマークの王様「ハーラル1世」に由来しています。
と言いますのも、この青歯王さんの功績として、
「デンマークとノルウェーを交渉によって平和的に統一した」というものがあり、
ここから、「複数の電子機器を一つに繋ぐ通信技術」「Bluetooth」と名付けたそうです。
多分、今日はデンマークとノルウェーではパレードが催されているのだと思います。
何かあったら、とりあえずパレード。



なお、ハーラル1世さんは、何故、「青歯王」という渾名だったのか
については、諸説あるらしいのですが、
個人的には、「本当に歯が青かった」説を睨んでいます。
そうです。ブルーハワイの食べすぎです。
「デンマークとノルウェーの交渉」とやらも、ブルーハワイのかき氷を振る舞ったとかです。
「かき氷、美味しいね。じゃあ、統一だね」みたいな。
10世紀のデンマークで「ハワイ」の概念があったのかどうかとかは知らないけど。
何だったら、「かき氷」の概念も無かったかもだけど。

| Diary | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5370