Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Happy:パンパン | main | Throbby:ガンガン >>
Naughty:ムフムフ

連日、暑さで頭が沸騰したのかと疑われる日記。



字形が似ている割に書き順が異なる、というトラップを学習初期に仕掛けてくる事で有名な、
「左」、「右」の漢字ですが、
この漢字に含まれている「工」、「口」は、
どちらも「祈祷に用いる道具」を意味しているそうです。
これらは、持ち手が決まっている道具だった為、
そのまま、その持ち手を意味する「左」、「右」の漢字になった、と言われています。

また、これらの道具は、他の漢字にも姿を見せておりまして
例えば、元々は「神様に祈祷で問いかける」という意味だった、
「尋(たずねる)」という字の中段の「工」、「口」も、上記の道具と同じものとなります。
「今日の献立、何が良いと思う?」、「カレー」みたいな祈祷に用いられていたのでしょう。
インドに感化された神様です。



つまり、「左」、「右」、「尋」といった漢字の成り立ちから考えるに、
「エロ」とは「神への祈り」です。
神聖です。神聖なんだ。エロは。エロは!! エロは!! (魂からの叫び)

| Diary | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5378