Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Unsteady(27):フラフラ(27) | main | Unsteady(29):フラフラ(29) >>
Unsteady(28):フラフラ(28)

感無量。



はてなの果て その28


これまでのお話:
「竜飛岬」に向かうには、どうも、あの彼方に見える灯台に行かなければならないっぽい。
絶望かな。



とりあえず、限られた時間で行けるところまで行ってみようと思い、足を進めます。
この状態だと、良い天気なのが逆に憎い。(季節は真夏です)



ところで、この階段は「階段村道」らしいです。ふーん。
(伏線)(この後、「村道」ではない階段が出てくるから)
(伏線をマッハでネタバレしていくスタイル)



周囲を見渡すと、風力発電機がちらほらと。
確かに、この辺り、風が物凄く強いです。
具体的には、帽子どころか、掛けているメガネが吹っ飛ばされそうなくらい。(豪風)



途中で景色が開けたと思ったら、アジサイの群生地に突入しました。
何だこれ。楽園か。楽園はここにあったのか。
(テンシさんは、アジサイがぶわーっとなっている景色が大好物です)



そして、そこから見える海が、なんという青さか。
絶景かな。



そんなこんなで、ヘトヘトになりながらも、
「龍飛崎灯台」に到着。
なお、中は公開されていませんでしたので、外からニヤニヤ眺めるだけとなります。



現在地。最果てにきました。
画像の粗さも最果てです。



遠くにうっすら見える陸地が、北海道です。
最果てです。絶景です。

| Diary | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5409