Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Heavily:ザーザー | main | Glidingly:スイスイ >>
Blazingly:ギンギン

むしろ、今夜の就寝が危ぶまれるレベル。



今日、9月17日は、「ブライテンフェルトの戦い」が起こった日です。(1631年)
この「ブラ(中略)フェルトの戦い」は、ドイツ周辺で繰り広げられた「三十年戦争」において、
「北方の獅子」と謳われたスウェーデン王国の名君「グスタフ・アドルフ」さんが、
見事に勝利を収めた戦いです。
余談ですが、このグっさん(通称)は、ド近眼だった為、
世が世なら、メガネっ子として一世を風靡していたかもしれません。可能性は無限大です。

さて、上記「ブラ(中略)フェルトの戦い」、戦史上の意義としては、
グっさんの心血の結晶であるスウェーデン軍の構成・戦術が挙げられます。
と言いますのも、当時の一般的な軍隊においては、
「歩兵」、「銃兵」、「砲兵」といった各兵科は、独立して運用されていたのに対し、
スウェーデン軍では各兵科が有機的に連携する、いわゆる「三兵戦術」を採用していました。
この三兵戦術は、兵科は異なれど「複数の兵科が連携する」という点で現代でも採用されており、
それを発案、実践した点で、グっさんは史上でも稀な名君と称されています。
流石、メガネっ子の素養を持った王様です。メガネっ子は名君。



なお、本日のボクは、先週末に引き続き深夜作業に追われる愉快なお仕事だったのですが、
先週末の反省点を踏まえて、
「寝坊」、「居眠り」、「仮眠」の三つの手法を有機的に連携させた三兵戦術にて、
見事、睡魔に打ち勝ったのです。
社会人史上、非常に意義のある一日でした。全然眠くない。(睡眠時間が累計12時間超え)

| - | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5423