Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Tasty:クンクン | main | Stormy:ビュービュー >>
Beamingly:ニマニマ

自分にとって都合の良い曜日を選択しておく。



初歩的な世界史の授業では、「歴史上、初めて世界一周をした人」として、
ポルトガルの航海士「フェルナンド・マゼラン」さんと習います。
その功績から、「マゼラン海峡」、「マゼラン星雲」等に名を残している偉人ですが、
実際のところ、航海途中にマゼランさんは戦死しているので、
「歴史上、初めて世界一周をした人」を正確に述べますと、
「マゼランさんの艦隊を引き継いだ部下達」となります。
従いまして、その功績を正確に汲み取れば、上記の名前は、
「マゼランさんの艦隊を引き継いだ部下達海峡」とか
「マゼランさんの艦隊を引き継いだ部下達星雲」になるのでしょう。
略して、「マゼラン海峡」、「マゼラン星雲」です。合ってんじゃん。

さて、そんな「マゼランさんの艦隊を引き継いだ部下達」の一人に、
「アントニオ・ピガフェッタ」さんという方がおられます。
艦隊の中では、通訳兼地図作成者という立場だったのですが、
世界一周中に、毎日欠かさず日記を付けていた為、
マゼラン艦隊の航海に関する情報は、ピガフェッタさんの日記によるものが多いと言われています。
現代風に言えば、ピガフェッタさんは「廃ブロガー」です。シンパシー。



そして、このピガフェッタさん、「毎日欠かさず日記を付けていた」という習慣から、
人類で初めて、「世界一周をすると、曜日がズレる」という事を実感した人、と言われています。
要は、人類初の日付変更線を超えた人、かつ、その詳細を余す事無く残した人だからこその実感ですが、
ここから導ける結論として、この偉大な冒険家の系譜の先にボクがいる、という事が言えます。
何しろ、世界一周とかしなくても、曜日感覚がズレるとか日常茶飯事なのですから。
今日みたいな祝日があったりすると、もうダメです。曜日とか超ズレます。
今日は金曜日でしたっけ? 明日はお休みかな?

| Diary | 18:43 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5429