Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Lucky:タイタイ | main | Plentifully:ペンペン >>
Plumpy:プリプリ

サラダとかは割と譲るバランス感覚。いかれたバランス感覚。



昨日、「タイツの日」でひとしきり盛り上がったので、
今日も今日とて「タイツ」について知見を深めるべく、ネットの海を横断していたところ、
最終的に、「デニール」の定義に行き着きました。
デニール。そうです。タイツの「厚み」の単位です。
薄いタイツも良いけど、厚いタイツもそれはそれで、という話題に出てくる単位です。
救いようのない変態は、意外とどこにでもいるんですよね。(他人事)

さて、この「デニール」、「タイツの厚みの単位」と書きましたが、
正確には、「糸の太さの単位」です。
太い糸で編み上げれば、当然、厚みのあるタイツに仕上がるので、
「数値が大きいと太い=厚い」という公式が成り立ち、「厚みの単位」となる訳です。
ただ、「糸」は基本的に細く柔かい素材であり、「太さ」の計測が非常に難しい為、
「デニール」は、「一定の長さ辺りの質量」で「太さ」を表しています。
つまり、糸の材質と長さが同じであれば、「重い方が太い」となるのです。なるほどー。
まとめると、薄いタイツも良いけど、厚いタイツもそれはそれで、という話です。
暴君を想起させるまとめ方。



まぁ、タイツフェチの暴君はさておき、
この「質量で太さを表す」という考え方は、中々に斬新でして、
他の分野でも応用できるんじゃないかなと思うのです。
例えば、「肝の太さ」とか。
宴会において、大皿で供された唐揚げをどのくらい自分の小皿に取り分けられるか、
という「小皿上の唐揚げの質量」「肝の太さ」を計測できるのでは、と思うのです。
ボクの場合、大皿から直接、口に運ぶ事で、
小皿上に唐揚げの痕跡を残さないテクニックを習得しているので、
見かけ上、肝の太さはゼロです。遠慮がちな人柄が滲み出ている計測結果です。
どの口が「遠慮」を語っているのか、正気が疑わしい限りですが。
状況的には、唐揚げを目一杯頬張っている口が語っている訳ですが。

| Diary | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5471