Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Roundly(11):グルグル(11) | main | Roundly(13):グルグル(13) >>
Roundly(12):グルグル(12)

蔵の中が違和感の極み。



ダンガン踏破 その12

旧小田切邸に行こう。



旧小田切邸。須坂市が誇る有形文化財です。要は、お屋敷です。
このお屋敷を建てた小田切辰之助さんという方は、
明治時代に養蚕業、製糸業で財を成した傑物だそうです。
「マイクラの参考になれば」とかいう邪念のみでここまで来たボクとは大違いの傑物です。



お屋敷内部は、確かに「お屋敷」と呼ぶに相応しい広大な建物だったのですが、
写真に収めるには広大すぎ、かつ、マイクラ用の参考写真はニッチすぎ、
という、日記に載せられる写真をほとんど撮影できない、イジらしい建物でした。
明後日の方向の需要を満たせない、という言いがかりに近いクレーム。



お屋敷に隣接している「蔵」に至る渡り廊下。
墨坂神社に引き続き、何か違和感を覚えていたのですが、



「青いタイル敷きの渡り廊下」という洒落込んだ作りになっていました。
あと、須坂市って、何かと違和感を覚えさせてくる土地ですよね。





そして、蔵の中には、宇宙が広がっていました。

| Diary | 19:49 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://complete.sixthsicks.com/trackback/5501