Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Thorny:グズグズ | main | Merry:シャンシャン >>
Savoury:フガフガ

代わりに黒いサンタ(クネヒト・ループレヒト)が来そうな作戦ですけど。



そう言えば、クリスマスを前にして、ふと思ったのですが、
煙突や窓から不法侵入を繰り返し良い子にプレゼントを配るサンタさんは、
一体、どうやって「配布対象の良い子の部屋」を探し当てているのでしょうか。

何しろ、サンタさんからすると、(恐らく)土地勘の無い街で、
かつ、夜間で視覚情報がほとんど当てにならない中で家々を巡る訳です。
しかも、マンション住みのご家庭を考慮すると、「階数」という三次元まで加味する必要があり、
それを空から正確に探し当てるって、かなり高難易度のミッションだと思うのです。
「ウチはイギリス式なんで、マンションの2階層目が1階なんです」とかだったら、
最早、暴動必至の事態でしょう。クリスマスの惨劇。

ただ、実際のところ、「サンタさんは良い子にプレゼントを配っている」という認識は一般的ですから、
これはもう、そもそもの前提だった「視覚情報が当てにならない」が誤っていると考えられます。
ただ、「夜目に優れている」等では、クリスマス電飾を目にした瞬間、視神経が焼き切れますので、
考えられる説としては、「視覚以外で良い子の部屋を探し当てている」でしょう。
具体的には、「良い子特有の匂いを嗅ぎ分けている」とかです。サンタさん、鼻が良い説。



であれば、逆に、その「良い子特有の匂い」とやらを放出できれば、
成人のボクでもサンタさんをおびき寄せて、プレゼントを一網打尽に強奪できる筈
です。
「若い女性の匂い成分」を配合したボディソープで、おっさんも女子高生になれた、みたいな話です。
従いまして、製薬会社は次に「良い子の匂い成分を配合したボディソープ」を開発すべきなのです。
良い子に擬態してサンタさんをおびき寄せるとかいう時点で、良い子要素は消し飛んでいますけど。
「プレゼントを強奪する」とか、明らかに超悪い子の発想ですけど。
ボディソープの匂いを完全に上書きする勢いで、「超悪い子」の匂いを放出していますけど。

| Diary | 21:25 | comments(0) | - |