Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Savoury:フガフガ | main | Earnestly:ヘトヘト >>
Merry:シャンシャン

二人が平行にうつ伏せになって、その上に台座の位置付けで一人が四つん這いになる、みたいな。



鼻が赤いトナカイさんの歌でも「サンタのオジさん」と歌われている通り、
「サンタさん」と言えば、一般に「白いおヒゲのお爺さん」というイメージですが、
ふと、実際のところ、サンタさんは本当に老齢の男性なのだろうかと思ったのです。
今年もクリスマスの過ごし方は例年通りです。妄想で一日が終わる。

このサンタさんのイメージは、外見通りであればお爺さん一択なのですが、
ぶっちゃけ、そのイメージは「白いおヒゲだから」のみです。
実際、サンタさんがやっている事は、端的には「運送業」ですから、
「サンタ」という仕事を全うするには、体力のある若い方が良いでしょうし、
案外、付けヒゲでお爺さんに擬態しているだけなのかもしれません。
端的に言い過ぎではありますが。サンタさんは運送業。



もっと言えば、サンタさんに付随してくる「トナカイ」や「ソリ」も、
外見上、そう見えるだけで、実際は擬態している人間なのかもしれません。
サンタさんが一人で全世界の良い子にプレゼントを配り切れるのかは、
常々、疑問に思っていたところですが、
「トナカイ」や「ソリ」も配送員として手助けしているならば、
「一人で配る」よりは、まだ現実的な解になっていると思われます。
たとえ、「ソリに擬態していた人間がプレゼントを配る」という絵面が怪しさ満開であっても、
「現実的である」という点を評価すべきです。
欠点をあげつらうのではなく、褒めて伸ばすべきです。

| Diary | 20:32 | comments(0) | - |