Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Preparation:手薬煉を引いて待つ | main | Creation:無患子は三年磨いても黒い >>
Solidification:石部金吉金兜

噛み切れない。



一般的に、「ハードボイルド」と言えば、
感情に流されない、肉体的、精神的にタフな主人公が活躍する作品を指しますが、
この「ハードボイルド」とは、そもそもは単語の通り、
「固茹で」、特には、「固茹で卵」を意味しています。
つまり、固茹で卵の「簡潔でそっけない性質」から、
「感情に流されないタフさ」を表している訳です。
個人的には、固茹で卵はマヨネーズと相性が良いので、
ハードボイルドなキャラは、マヨネーズみたいなキャラと組ませれば良いのだと思います。
マヨネーズみたいなキャラってのが全然分からないですけど。
慎吾ママとかかな。蘇る金狼でマヨチュッチュ。なるほど。分からん。



ちなみに、テンシさんの本日の夕食は、
「豚の角煮を目指したけど、一向に柔らかくならなかった煮豚」ですので、
これも勿論、ハードボイルド(固茹で)です。
従いまして、そんな夕食を口にしたボクが、ボクこそが、ハードボイルドです。
加熱時間が圧倒的に不足しているハードボイルドです。
原因まで分かっているのに対処できていないハードボイルド。
明らかにオッチョコチョイっぽいけど。どう見てもハードボイルドの真逆っぽいけど。
だけど、だからこそ、得られた食事はハードボイルド。

| - | 22:24 | comments(0) | - |