Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Deviation:栄耀の餅の皮 | main | Evaluation:福不可邀 >>
Denomination:眼光紙背に徹す

ゲクランさんは「双頭の鷲」という小説の主人公です。カッコ良いんだな。



今日、1月21日は、フランス王シャルル5世さんの誕生日です。(1338年)
お誕生日おめでとうございます。ボンジュール!!
(知っているフランス語をとりあえず言ってみる)

シャルル5世さんは、イギリスとフランスが争った100年戦争時代の王様でして、
恒常的な徴収、つまるところの「税金」を実現させたり、
常備軍の設置、官僚制度の整備等、当時としては開明的な政策を次々と打ち出し、
割とボロボロだったフランスを、大きく立て直した名君です。
また、軍事的には、シャルル5世さん自身が陣頭指揮を執った訳ではないのですが、
「鎧を着た豚」こと、名将ベルトラン・デュ・ゲクランさんを重用し、目覚ましい戦果を挙げており、
その功績から、シャルル5世さんは「賢明王」と呼ばれています。
台所用洗剤でメガネを洗うと綺麗になる、とかも知っていたんだと思います。賢明王の知能なら。



ただ、「賢明」を名乗るなら、
ゲクランさんの渾名をもう少し何とかしてあげれば良かったのにな、とは思います。
賢明王の知能なら何とかなっただろ。「鎧を着た豚」て。
台所用洗剤の活用方法とかの前に考えるべき事があっただろ。賢明王。

| Diary | 19:52 | comments(0) | - |