Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Prognostication:一葉落ちて天下の秋を知る | main | Immoderation:澎湃 >>
Delation:覆車の戒め

全て終わったら汗だく。寒波襲来の中で。



さて、折りたたみ自転車です。
買ってそのまま死蔵していても仕方無いので、
「折りたためば電車で移動できる」「移動先で自転車に乗れる」、
という折りたたみ自転車のメリットを確認すべく、ちょっと電車でお出かけしてきました。
寒波襲来で自転車には全く向いていないお天気でしたが、お出かけしてきました。
この震えで発電できるんじゃないかと思うくらいの寒さ。妄想具合が末期状態に追い込まれる寒さ。

ところで、折りたたみ自転車を購入する際、一番、不安だった点は、
「『人の形をした不器用』と称されるボクが、折りたたみ自転車を扱えるか」という事でした。
しかし、蓋を開けてみると、折りたたむ、あるいは、組み立てる、といった手順は複雑ではなく、
二〜三回練習したら、ナチュラルにこなせる様になりました。
意外と簡単です。折りたたみ自転車。
折りたたむ際にタイヤで指を挟みましたが、そういった事実には目を背ける事にしているので、
意外と簡単です。折りたたみ自転車。



ただ、折りたたんだ自転車を電車に乗せる際には、カバーを掛ける必要があるのですが、
この「カバー掛け」が意外と難しい、という点は強調しておきたいと思います。
購入したお店では、「カバー掛けは見たまんまの使い方で、説明する事は無い」とか言われましたが、
見たまんまの使い方をしたら、自転車が収まってくれないんだけど。これ。
カバー掛けに悪戦苦闘していたら、乗ろうと思っていた電車が颯爽と走り去って行ったんだけど。これ。
駅前で「何だこいつ」みたいな目で見られまくったんだけど。興奮するんだけど。興奮?

| Diary | 18:31 | comments(0) | - |