Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Itineration(19):桑蓬の志(19) | main | Itineration(21):桑蓬の志(21) >>
Itineration(20):桑蓬の志(20)

検索したら、「近江鉄道」は「近鉄」ではなく「西武」グループだそうです。



ありませんだけではありません。その20

近江鉄道に乗ろう 編。



近江鉄道、スタートからやけに「水口」推しでした。
本命の「水口」を超えても、まだ続く「水口」。
東京で言えば、東京を超えて千葉に入っても東京ネズミーランドがある、みたいな感じです。
感じではないかもしれませんが、感じです。
雰囲気で悟れ。ふわっと悟れ。





そんな「水口」駅。何かあると思ったけど、特にはありませんでした。
強いて言えば、何も無いがありました。
雰囲気で悟れ。ふわっと悟れ。



なお、「水口」ラッシュが終わった後は、「日野」ラッシュが待っていました。
個人的には、「日野」から「朝日野」は、進化したっぽいネーミングで好きです。



「はせの」だと思い込んでいたあの頃は純粋だった。


「八日市」駅。ここで「近江鉄道 八日市線」という支線に乗り換え、
「近江八幡」駅で「JR東海道本線」に合流しました。
「近江八幡」駅の写真が無い事から、乗り換え時間が大層シビアだったとお察し下さい。
ダッシュした。ダッシュ四駆郎並みにダッシュした。
四駆郎がどの程度ダッシュしていたか、全く定かではないですが、そのくらいダッシュした。




なお、「近鉄」は「近江鉄道」の略だとずっと思い込んでいたあの頃は純粋だったと思います。
「三重にも進出しているとか、近江鉄道は手広いなぁ」とか思い込んでいたあの頃は。

| Diary | 12:00 | comments(0) | - |