Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Itineration(5):桑蓬の志(5) | main | Itineration(7):桑蓬の志(7) >>
Itineration(6):桑蓬の志(6)

二杯目で親子丼達成。



ありませんだけではありません。その6

旅の第一目的(有馬温泉)既に達成しましたが、
サブタイトル通り、有馬線だけではありませんので、まだ続きます。
「その6」にして、「あとはおまけ」モードですが、気にしません。


神戸電鉄をまた南下して、「鈴蘭台」駅で下車。
ここでお昼です。
(意訳:有馬温泉エリアのお店は観光地価格で高かった)



オシャレなカントリー風の喫茶店でランチ。
ランチタイム終了間際でお客さんがおらず、
オシャレ空間にボクと店員さんだけ、という緊張感溢れるランチ。
「カントリー風」が良く分かっていないくらいのオシャレ無縁者なのに。



ご飯は、白米と玄米のハーフ&ハーフというオシャレ具合。
そこまで戦慄しているのに、何故、このお店に入ったかと言うと、
それはもう、「ご飯おかわり自由」の文字が書かれていたからに決まっています。
食欲は全てを凌駕します。



メインは、鶏肉をすき焼き風に煮込んだもの。
柔らかく煮込まれており、割下の甘辛い味と非常に良く合います。
しみじみ美味しい。



付け合せは、卵を半熟に焼いたもの。
そう表現するしかない代物なのですが、
「鶏肉と一緒にご飯に乗せると、親子丼になって美味しいですよ」と言われ、
これ以上無い付け合せなのだと納得。
それを言われた時には、既に一杯目のご飯を食べ尽くした後でしたが。
店員さんの想定を遥かに上回っていたボクの空腹。店員さんが目を離した隙に茶碗が払底。

| Diary | 17:36 | comments(0) | - |