Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Itineration(7):桑蓬の志(7) | main | Itineration(9):桑蓬の志(9) >>
Itineration(8):桑蓬の志(8)

全てが手遅れ。



ありませんだけではありません。その8


「岡山」駅と言えば、駅前のイルミネーションです。
この時期だけで、しかも、「岡山」駅特有ではない可能性もありますが、
ボクが「岡山」駅を降りると、高確率でイルミネーションでの歓迎を目にするので、
もう、岡山と言えば、イルミネーションです。
イルミネーションシティ岡山。略してイルミナティ岡山。



昨年と電飾が同じなのか、異なっているのか、それが問題です。


色からして昨年と全く違う様に見えますが、
「同じかもしれない」疑惑を拭いきれないくらいには、ボクの審美眼は曇っています。
アシタカもビックリの曇りまくりの眼(まなこ)です。



桃太郎も浮かれ電飾です。
クリスマスが近いからね。キビ団子が欲しいからね。
原作だと、桃太郎自身はキビ団子を一口も食べていないからね。
プレゼントで貰えるなら是非、って思っているだろうからね。


さて、岡山と言えば、名物は「デミカツ丼」です。
揚げ物大好きマンであるボクが、「激重」というメッセージを残した名物です。
今回も「デミカツ丼」で舌鼓と腹鼓を打ちまくりたい気持ちもあるのですが、
年々老いていく身であの重さに耐えられるか、と言われると、若干、怯んでしまう事も確かです。
そこで、今回の夕食は、ちょっとヒヨって別のメニューにする事にしました。


「トンカツ」です。「デミカツ」と比べれば100倍はサッパリしています。


一切れが尋常じゃなく分厚いですが、サッパリ爽やかなのです。
記憶する限り、過去最厚のトンカツですが、サッパリ極まりないのです。



食後、ガゼリ菌に全てを託した記録。
内臓脂肪を減らしてくれる。全てを解決してくれる。
こんな頼もしい存在は他にありません。ガゼリ菌。

| Diary | 20:44 | comments(0) | - |