Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Permutation:年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず | main | Transformation:滄海変じて桑田となる >>
Refutation:飢者甘食

味皇様の功罪。



ネットを徘徊していたところ、
「細かすぎて伝わらないモノマネ」「ヤバいタイプの爆弾魔」という動画に辿り着きました。
この動画のモノマネ自体は大変面白かったのですが、
閲覧しながら、ふと、「そもそも、『ヤバくないタイプの爆弾魔』は存在するのか」と思ったのです。
言い換えれば、「爆弾魔」の時点で問答無用でヤバいのではないのか、という疑問です。
「爆弾」と言いつつ、「爆竹」程度のアイテムならヤバくない、みたいな評価でしょうか。
例えば、品行方正だけれど、挨拶の度に爆竹を投げてくる人、とか。
それでも十分すぎるくらいヤバいタイプな気がするけど。
爆竹を常時携行しているって事だし。職務質問で一発アウトっぽいし。



もしくは、通常量以上のご飯を丸く成型したオニギリの事を「爆弾オニギリ」と称するので、
米や具、握り方の細部までこだわり抜くタイプの「爆弾オニギリ職人さん」が存在すれば、
その方を指して、「ヤバくないタイプの爆弾魔」と呼べるかもしれません。
ただ、そんな職人さんが作り上げた「至高の爆弾オニギリ」的な代物を食通が食べたら、
「美味いぞぉぉおおお」とか雄叫びを上げて、背後で爆発のエフェクトが上がり
結果的に周囲への爆発被害は避けられない未来しか見えないので、
このケースもやっぱり「ヤバいタイプの爆弾魔」に分類されがちなのがネックです。
この場合、その「食通」とやらが一番ヤバいタイプなのは承知の上で、です。ネックなのです。

| Diary | 23:59 | comments(0) | - |