Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Fermentation:琥珀は腐芥を取らず | main | Inclination:駑馬、短豆を恋う >>
Gustation:大羹は和せず遺味あり

こっちは、ブームが終わっても冷蔵庫に常備してある。



先日、餃子を作った際、中身に「タマネギ」を使ったのですが、
実は、このタマネギ、かなり久しぶりの購入でした。
「タマネギ」は腐りにくく様々な料理に使える便利な野菜でして、
自炊している身としては、本来なら、常備しておくべき食材なのですが、
以前、糖質制限ダイエットに勤しんでいた折、
「タマネギは糖質が高い」、言い換えれば、「摂取すると太りやすい」と知って忌避する様になり、
ダイエットを切り上げた現在でも、あまり手を出さない様になっていました。
多分、ご飯一食二合とかの方が太りやすそうですが、タマネギさえ控えていれば安心です。

では、何故、今回、数年ぶりにタマネギを買い求めたかと申しますと、
餃子の材料を買い揃えた際、キャベツやハクサイが割高であり、反面、タマネギが安かった為です。
「安さこそがジャスティス」とブレない思考経路には我ながら感心しますが、
買ったタマネギを餃子で全て使い切った訳ではなく、まだ数個余っていたので、
この度、数年ぶりにオニオンスープを作ってみたところ、やたらと美味しく仕上がったのです。
「久しぶりのタマネギ料理だった」という要素が最高の調味料だった事は否めませんが、
それを差し引いても、「タマネギってこんなに美味しかったっけ」と驚きながらの食事となりました。



なお、「これを入れればもっと美味しくなるかもしれん」と、
オニオンスープに「食べるラー油」を投入したところ、
タマネギの優しい滋味とかが一瞬で吹き飛んだので、
正確には、「タマネギってこんなに美味しかったっけ」と驚いたのは、一口目だけです。
「久しぶりのタマネギ料理だった」という要素は最高の調味料でしたが、
全てを上書きした「食べるラー油」は最強の調味料でした。

| Diary | 23:27 | comments(0) | - |