Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

天国旅行記 二周目

クジャクヤママユガ破砕日記
<< Accusation:躬自ら厚くして、薄く人を責むる | main | Translation:驥をして鼠を捕らしむ >>
Utilization:洛陽の紙価を高める

差し入れは大変ありがたいんですけど。



周囲との会話で何となく察しているのですが、
どうも、ボクのボックスティッシュの消費ペースは、一般より遥かに遅いっぽいのです。
他に色々と察するべき事象があるだろう、というご指摘は、現在、受け付けておりません。

この背景を細かく述べますと、まず、ティッシュペーパーの使い道としては、
「鼻をかむ」、「液状のものをこぼした際に拭く」が二大巨頭だと思われます。
ただ、ボクの場合、幸いにも花粉症ではなく、「鼻をかむ」シーンがほとんど無い事に加え、
何かをこぼした場合、ティッシュではなくキッチンペーパーを使いがちなので、
結果、ボックスティッシュは全然減らない、という事になります。
具体的に、どのくらいの消費ペースなのかと申しますと、
社会人なりたての時(2007年頃)、実家から差し入れを送って貰った事があったのですが、
その差し入れに含まれていたボックスティッシュ五箱セットを、
つい先日、ようやく使い切ったくらいのペースです。三年で一箱ぐらいの消費ペースです。
ここまで来ると、むしろ、何の用途で使い切ったんだってくらいの使わなさです。



そして、本日、実家からの差し入れで、またボックスティッシュが送られてきたので、
これでまた十年は戦えるティッシュ体制となりました。ティッシュ前線は安泰です。
ボクの口座残高もこのくらい安泰だったらと思わずにいられません。
あと、長年スルーしているけど、
差し入れでボックスティッシュってどういうセンスなんだ。実家よ。

| Diary | 23:59 | comments(0) | - |